テクニックを覚えるのに最適な期間

さまざまなスポーツのテクニックを習得していくとき、脳の中にさまざまな神経回路がつくられていきます。

その神経回路が筋肉や骨格やエネルギーシステムの発達と結びついて繰り返し使われることで、そのテクニックはさらに高度なものへと進歩していくのです。

思春期には身長の伸びのスパートや筋肉量の増加、女子では脂肪量の増加といったからだの目に見える変化が急速に進みます。

このような時期には、今までできていたことが急にできなくなったり、新しいテクニックを覚えるのに時間がかかるようになったりなど変化が見られます。

その原因としては、身体の変化が急に進むために、身体のバランスがそれまでとは少しちがってくることが考えられます。

そのため、思春期に突入するまえの2~3年くらいの間にいろいろなテクニックを習得をすることが望ましいです。

この年齢のことをスポーツのテクニック習得のためのゴールデンエイジと呼んでいます。

この時期には、どんどん新しいことに挑戦し、いろいろなテクニックをみにつけていきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-3-1

    大きな力を発揮するために

    筋肉が力を発揮する源は、筋原線維にあるミオシンのクロスブリッジがアクチンを引き込むことです。…
  2. 2016-1-18

    神経動態における「神経の容器」と「機械的なインターフェース」

    「神経の容器」と「機械的なインターフェース」の2つの概念は身体の動きがどのように神経組織に影響するの…
  3. 2016-12-20

    行動を調整する能力を高めるコーディネーショントレーニング

    コーディネーショントレーニングとは行動を調整する能力を高めようとするトレーニングであり、ジュニア期で…
  4. 2015-6-7

    カルノシンやアンセリンの緩衝作用で筋疲労軽減を

    カルノシンやアンセリンなどのイミダゾールジペプチドは、動物の脳、心臓、肝臓、腎臓、神経系や骨格筋中に…
  5. 2015-4-15

    間脳の解剖 後編

    トルコ鞍という蝶形骨と後頭骨が縫合してできた骨の土台には下垂体が位置します。下垂体は他のさま…
ページ上部へ戻る