テクニックを覚えるのに最適な期間

さまざまなスポーツのテクニックを習得していくとき、脳の中にさまざまな神経回路がつくられていきます。

その神経回路が筋肉や骨格やエネルギーシステムの発達と結びついて繰り返し使われることで、そのテクニックはさらに高度なものへと進歩していくのです。

思春期には身長の伸びのスパートや筋肉量の増加、女子では脂肪量の増加といったからだの目に見える変化が急速に進みます。

このような時期には、今までできていたことが急にできなくなったり、新しいテクニックを覚えるのに時間がかかるようになったりなど変化が見られます。

その原因としては、身体の変化が急に進むために、身体のバランスがそれまでとは少しちがってくることが考えられます。

そのため、思春期に突入するまえの2~3年くらいの間にいろいろなテクニックを習得をすることが望ましいです。

この年齢のことをスポーツのテクニック習得のためのゴールデンエイジと呼んでいます。

この時期には、どんどん新しいことに挑戦し、いろいろなテクニックをみにつけていきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-1-26

    エコノミークラス症候群について考える

    エコノミークラス症候群とは、海外旅行時などに、飛行機内で長時間同じ姿勢を取り続けることで起こる病気で…
  2. 2015-6-27

    脂肪酸は脳の栄養である。

    ヒトの必須脂肪酸は、リノール酸に代表されるω-6脂肪酸とα-リノレン酸に代表されるω-3脂肪酸になり…
  3. 2015-1-19

    当たり前ですが運動効果を得るには運動をしなければなりません。

    運動をするのは楽しいことですが、同時にきつさ、つらさというのも味わうことになります。もち…
  4. 2015-9-1

    コンパートメント症候群の急性症状と慢性症状

    コンパートメント症候群は、コンパートメント内の圧力が局所の動脈圧を超えた状態で発生し、筋および神経の…
  5. 2015-8-2

    活性酸素と筋ミトコンドリア

    運動により、身体の酸素消費量は10〜40倍に、骨格筋では100〜200倍に増加すると言われ、一過性の…
ページ上部へ戻る