主働筋・拮抗筋・協働筋について

一つの動作をするとき、その中心となる筋肉を主働筋と呼び、その主働筋の動きを補助する筋肉を協働筋といいます。

また、その動きと逆に働く筋肉があり、それを拮抗筋と呼びます。

ある筋が働くときには、それに対する拮抗筋が自動的に弛緩することによって、動作がスムーズに行えるようになっています。

これを相反神経支配といいます。

たとえば、肘を曲げる場合、上腕二頭筋が主働筋として働き、収縮します。

そのとき上腕筋・腕橈骨筋がそれを補助し、拮抗筋である上腕三頭筋は相反神経支配によって、リラックスするように指令を受けて弛緩します。

逆に、肘を伸ばすと、上腕三頭筋が主働筋として収縮し、上腕二頭筋が拮抗筋になるので弛緩します。

拮抗筋は、自動的に弛緩しますが、完全に脱力すると関節を痛めることもあるので、わずかに緊張し、動く速度や角度が調整されます。

ある筋を鍛えるときには、その協働筋や拮抗筋も鍛えることで、筋力のバランスが良くなり、筋パワーをより効果的に発揮することが可能になります。

逆にその筋力に偏りがあると、弱いところにストレスがかかり、筋・腱や関節などを痛める原因となります。

また、ストレッチを行う際にも、主働筋に対する拮抗筋を収縮させると、主働筋がよりストレッチしやすくなります。

スポーツ動作においては、その動作の主働筋はどの筋肉なのか、協働筋・拮抗筋は何かを理解しておくと、パフォーマンスの向上と、スポーツ障害の予防に役立ちます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-12-14

    評価とエクササイズは同時進行で行う。

    今回は、評価とエクササイズは同時進行で行うということで、エクササイズの指導をしながら同時に評価してい…
  2. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  3. 2015-5-24

    栄養や日光と関わる障害「くる病」とは

    栄養と健康は大きく関係し合っています。栄養不足だから体調が悪くなる、といったようなものだけで…
  4. 2015-11-13

    古来から伝わる鎮痛薬とは

    紀元前400年頃のギリシア人は、痛風の痛みや発熱に苦しむ患者に、ヤナギの皮や葉を…
  5. 2015-2-10

    摂食行動異常とは

    最近、多くの人は自分を太りすぎていると感じており、巷には痩身法に関する情報があふれています。…
ページ上部へ戻る