主働筋・拮抗筋・協働筋について

一つの動作をするとき、その中心となる筋肉を主働筋と呼び、その主働筋の動きを補助する筋肉を協働筋といいます。

また、その動きと逆に働く筋肉があり、それを拮抗筋と呼びます。

ある筋が働くときには、それに対する拮抗筋が自動的に弛緩することによって、動作がスムーズに行えるようになっています。

これを相反神経支配といいます。

たとえば、肘を曲げる場合、上腕二頭筋が主働筋として働き、収縮します。

そのとき上腕筋・腕橈骨筋がそれを補助し、拮抗筋である上腕三頭筋は相反神経支配によって、リラックスするように指令を受けて弛緩します。

逆に、肘を伸ばすと、上腕三頭筋が主働筋として収縮し、上腕二頭筋が拮抗筋になるので弛緩します。

拮抗筋は、自動的に弛緩しますが、完全に脱力すると関節を痛めることもあるので、わずかに緊張し、動く速度や角度が調整されます。

ある筋を鍛えるときには、その協働筋や拮抗筋も鍛えることで、筋力のバランスが良くなり、筋パワーをより効果的に発揮することが可能になります。

逆にその筋力に偏りがあると、弱いところにストレスがかかり、筋・腱や関節などを痛める原因となります。

また、ストレッチを行う際にも、主働筋に対する拮抗筋を収縮させると、主働筋がよりストレッチしやすくなります。

スポーツ動作においては、その動作の主働筋はどの筋肉なのか、協働筋・拮抗筋は何かを理解しておくと、パフォーマンスの向上と、スポーツ障害の予防に役立ちます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-8-6

    抗原抗体反応と免疫系

    病原菌などの非自己物質を認識し、排除する生体防衛機構のこと。情報伝達を用いて、細胞・組織・器官が複雑…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2014-9-27

    副腎皮質ホルモン

    副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  4. 2015-10-7

    グリア細胞について考える

    脳の神経系を組織学的にみると、一定の排列と連結をなすニューロンとその周囲を取り巻くグリア細胞からなり…
  5. 2015-8-9

    大脳と随意運動

    連合野には前頭連合野、頭頂連合野、側頭連合野があります。視覚、体性感覚、前庭・迷路感覚からの…
ページ上部へ戻る