神経神話は本当か?

脳についてしばしば「ヒトは普段、脳の全体の10%しか使っていない」ということを聞くことがあります。

これは「神経神話」と呼ばれる俗説のひとつで、科学的根拠はありません。

しかし、脳が行う活動のほとんどはヒトの意識にはのぼらないところで潜在的に行われているといいます。

普段認識できる部分では「意思決定」においてそれが強く影響しているといいます。

たとえば、お店の中で、ある銘柄の缶コーヒーを選ぶという普段の何気ない行動でもその潜在的な活動の影響があります。

その影響を与えるものの一つがCMです。

CMが効果を発揮するとき、脳の被殻という部位の一部が活動します。

CMは2種類の条件付けが組み合わさることで効果を発揮するといます。

条件付けとは、無関係な二つ以上の物事を関連付けて行動・反応することです。

たとえば、CMを繰り返し観た結果、缶コーヒーのロゴマークを見ただけで、そのコーヒーを連想し、飲みたくなります。

これは「古典的条件付け」と呼ばれる効果です。

一方、お店で缶コーヒーを選ぼうとする状況は、報酬を求めて特定の行動を繰り返す「道具的条件付け」の効果を受けていると言えます。

この二つの条件付けは基本的に別の現象ですが、お店で特定の缶コーヒーのロゴマークを見ると、この二つが組み合わさってはたらき、その缶コーヒーを買ってしまうというわけです。

このときに、被殻の一部が活動しています。

これと似たようなものにサブリミナル効果なるものがありますが、裏付けはあまりないようで、また、認識できるレベルのものはスプラリミナル知覚と呼ばれます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-19

    ワンランク上の効果を引き出すセット法

    筋力トレーニングで大切なのは継続することです。継続の壁は「マンネリ」や筋力トレーニングの「効…
  2. 2015-9-27

    運動後の筋疲労回復としての軽運動

    運動に疲労はつきものです。運動後に疲労を残さないために、さまざまな手段が考えられ、取り入れら…
  3. 2016-6-24

    横隔膜の呼吸運動

    横隔膜は、呼吸と姿勢安定化の2つの役割があります。Lewitは、健全な呼吸パターンが実行されない…
  4. 2015-3-30

    意外と身近な「ペットボトル症候群」とは?

    季節的に暖かくなるにつれて水分摂取の量が増えていきますが、ジュースをよく飲む方にとっては注意すべきこ…
  5. 2016-2-1

    足関節外側靭帯損傷

    足関節外側靭帯損傷は、スポーツ活動やトレーニング中の発生頻度が最も高いスポーツ傷害で、すべてのスポー…
ページ上部へ戻る