神経神話は本当か?

脳についてしばしば「ヒトは普段、脳の全体の10%しか使っていない」ということを聞くことがあります。

これは「神経神話」と呼ばれる俗説のひとつで、科学的根拠はありません。

しかし、脳が行う活動のほとんどはヒトの意識にはのぼらないところで潜在的に行われているといいます。

普段認識できる部分では「意思決定」においてそれが強く影響しているといいます。

たとえば、お店の中で、ある銘柄の缶コーヒーを選ぶという普段の何気ない行動でもその潜在的な活動の影響があります。

その影響を与えるものの一つがCMです。

CMが効果を発揮するとき、脳の被殻という部位の一部が活動します。

CMは2種類の条件付けが組み合わさることで効果を発揮するといます。

条件付けとは、無関係な二つ以上の物事を関連付けて行動・反応することです。

たとえば、CMを繰り返し観た結果、缶コーヒーのロゴマークを見ただけで、そのコーヒーを連想し、飲みたくなります。

これは「古典的条件付け」と呼ばれる効果です。

一方、お店で缶コーヒーを選ぼうとする状況は、報酬を求めて特定の行動を繰り返す「道具的条件付け」の効果を受けていると言えます。

この二つの条件付けは基本的に別の現象ですが、お店で特定の缶コーヒーのロゴマークを見ると、この二つが組み合わさってはたらき、その缶コーヒーを買ってしまうというわけです。

このときに、被殻の一部が活動しています。

これと似たようなものにサブリミナル効果なるものがありますが、裏付けはあまりないようで、また、認識できるレベルのものはスプラリミナル知覚と呼ばれます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-28

    トルクコントロール

    トルクとは、筋肉が関節を回す力のことです。それを最適な状態にするのが「トルクコントロール」で…
  2. 2015-1-24

    高齢者の運動効果

    歳をとってからでも筋肉トレーニングをしたら効果は出るのでしょうか??高齢者でもしっかりと筋ト…
  3. 2017-2-7

    筋肉トレーニングをスポーツで活かすために

    スポーツのパフォーマンスをアップするためには、スポーツの動きを再現した専門的トレーニングを行っていく…
  4. 2015-6-8

    内側運動制御系と外側運動制御系

    運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。…
  5. 2016-1-6

    持続的な伸張に対する筋の適応

    伸張は筋に対して大きな適応を起こす手段のひとつです。その伸張を持続的、慢性的に起こすと果たし…
ページ上部へ戻る