対空時間と接地時間がバネの大きさを決める

素晴らしいジャンプをするバレーボール選手や、一瞬のダイナミックな動きをするスポーツ選手について、あの人はバネがあるということがあります。

逆に力は強いけどドタドタと動く選手に対してバネがないということもあります。

バネがあるように見える人に共通する特徴は、空中にいる時間が長いということがあります。

よく弾むボールは、そうでないボールに比べて同じような強さで地面にバウンドさせても高く跳ね上がり、地面に落ちてくるまでの時間が長くなります。

それと同じで、踏み切った後の滞空時間が長いというのがバネのある人の特徴になります。

特徴はただ高く飛び上がるだけではありません。

踏み切りで足が地面についたときに、その接地時間、つまり足が地面についている時間が短いというもう1つの重要な特徴があります。

バネのある人は接地時間の何倍も長く空中にいることができますが、バネのない人は接地時間のほうが長くなってしまいます。

このようにいかにして短い接地時間で高く跳べるかがバネの正体になります。

このような筋力の特性は、弾性筋力や反応筋力と呼ばれることがあります。

ジャンプ力を鍛えるためのトレーニングでプライオメトリクスが多く使われます。

このようなトレーニングをする時に対空時間と接地時間を考えてみてはどうでしょうか。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-10-1

    赤血球と貧血の関係性を考える。

    赤血球の中にはヘモグロビンがあり、これが酸素の受け渡しをする本体になります。「貧血」とは抹消血液の中…
  2. 2014-10-18

    足の機能解剖を考える。

    「足」は一般的には足関節と足部が含まれ、1つの機能ユニットとして考えられています。足は脛骨と…
  3. 2015-12-23

    筋の時間的加重とは

    筋の活動は収縮と弛緩によって完結されます。それは活動電位による筋細胞の興奮によってもたらされ…
  4. 2015-12-2

    脂質摂取と代謝

    食物として脂質が摂取されると、小腸上皮から吸収されます。食物中の脂質はほとんど中性脂肪ですが、小…
  5. 2015-6-16

    食餌による体内時計のリセット

    近年、朝食の欠食や、夜食の摂食は、肥満になりやすいことが知られており、規制正しく朝食・昼食・夕食を摂…
ページ上部へ戻る