トレーニング効果の特異性について

与えられた刺激に応じて、筋は適応します。

つまり、トレーニングによって与えられた刺激、すなわち強度や反復回数などが異なってくれば、得られる効果も異なってきます。

これをトレーニング効果の特異性と言います。

トレーニングを行うにあたっては、まず第1に達成する目標を明確化し、次に実際のスポーツ動作にできるだけ類似した運動様式を考慮し、その上で必要な強度や回数などの最適な条件を設定することが重要になります。

さらには、同じ運動様式でも各スポーツによってそれぞれ特有の力の出し方があるため、それに応じたトレーニング方法の調整を行うことも大切になります。

トレーニング目標が決まったら、筋収縮様式・関節角度・筋収縮速度など運動様式を考慮して、行うトレーニング方法を選択し、トレーニング目標の達成に最適な、負荷の強さ・反復回数・トレーニング容量・セット間インターバル時間などの諸条件を設定し、実施することが重要です。

そして、各スポーツによって特有の力の出し方があるので、それに応じてトレーニングを変えることが大切になります。

スポーツにはそれぞれ最大筋力が要求される種目もあれば、筋持久力が要求される競技もあります。

また最大筋パワーが求められるスポーツといっても、それがスピードの要素が強いパワーなのかそれとも力の要素が強いパワーなのかによっても変わってきます。

そこで、筋力をつけたい・筋肉を太くしたい・筋持久力をつけたいなど、各スポーツ競技の目的に応じてトレーニング条件を設定することが必要になります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-3-31

    共感覚(synesthesia)とは

    共感覚(synesthesia)とは、通常ある種の刺激で起こる感覚を、別の感覚刺激で起こす現象です。…
  2. 2015-9-24

    呼吸筋のコンディショニング

    最近の研究で、横隔膜や腹横筋は体幹の安定性と呼吸の維持を図る二重作用を持つことが明らかにされていて、…
  3. 2015-11-6

    運動時の循環血液量調節機構

    運動中には、運動強度に応じて心拍出量は増し、かつ活動筋に大量に血液が流れるようにその部位の血管は拡張…
  4. 2014-9-27

    驚くべき脂肪細胞の能力

    脂肪組織は,生体内の余剰エネルギーを脂肪の形で貯め込む特殊な器官である。それゆえに現代人にあ…
  5. 2015-2-25

    脳とコンピューターの処理の違い

    脳は、莫大な量の情報を絶えず処理しています。その大量の情報を脳はどうやって処理しているのでし…
ページ上部へ戻る