重要性と原則に照らしてトレーニング種目を配列する

トレーニングは最初に行った種目の効果が一番大きくなり、後に行った種目ほど効果が小さくなります。

そのため、その人が重要度が高いと感じるトレーニング種目をはじめに行うことがポイントになります。

このことを「プライオリティの原則」と呼びます。

様々なトレーニング種目がある中で、大きな筋力やパワーを発揮する種目もあれば、局所的に筋力を発揮する種目もあります。

そのため、大きな筋肉や多数の筋肉を動員する種目を先に行い、そのあとで動員される筋肉量の少ない局所的な種目を行うのが基本になります。

例えば、スクワットやデッドリフト、ベンチプレスなどをはじめに行い、大筋群を鍛えます。

そこでは、末端の筋肉も補助的に働くので、それより先に末端の筋群をトレーニングするとそこが疲労してしまいます。

すると目標とする大筋群に対して十分な負荷をかけられなくなってしまいます。

そこで体幹部に近い大筋群をはじめに行ったほうが良いのです。

競技によっては、ある特定の筋肉を重点的に強化したい場合や、ケガのリハビリなど大筋群ではないトレーニング種目をはじめに行わないケースもあります。

どちらにしても、トレーニングを行う日に優先順位を決定してトレーニングを進めることが重要になります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-12-15

    運動連鎖とは

    トレーニングやリハビリなどの運動療法の世界では、よく運動連鎖という概念が用いられます。運…
  2. 2014-11-18

    体幹機能とACL損傷

    スポーツ傷害の中で膝前十字靭帯(ACL)損傷は重篤な外傷であり,受傷後は長期離脱を余儀なくされるため…
  3. 2015-9-3

    投球動作における肘のバイオメカニクス

    投球動作における肘のバイオメカニクスは6段階に分けられます。ワインドアップ期、ストライド期、コッ…
  4. 2015-8-12

    生活習慣病と運動

    Ⅰ型を除く糖尿病・脂質異常症・高血圧・高尿酸血症・肥満などが生活習慣病として挙げられます。こ…
  5. 2015-4-18

    さまざまな輸送の仕組み

    我々の体にはさまざまな輸送の仕組みが備わっている。消化管での栄養素の輸送、血管壁を通じた栄養…
ページ上部へ戻る