重要性と原則に照らしてトレーニング種目を配列する

トレーニングは最初に行った種目の効果が一番大きくなり、後に行った種目ほど効果が小さくなります。

そのため、その人が重要度が高いと感じるトレーニング種目をはじめに行うことがポイントになります。

このことを「プライオリティの原則」と呼びます。

様々なトレーニング種目がある中で、大きな筋力やパワーを発揮する種目もあれば、局所的に筋力を発揮する種目もあります。

そのため、大きな筋肉や多数の筋肉を動員する種目を先に行い、そのあとで動員される筋肉量の少ない局所的な種目を行うのが基本になります。

例えば、スクワットやデッドリフト、ベンチプレスなどをはじめに行い、大筋群を鍛えます。

そこでは、末端の筋肉も補助的に働くので、それより先に末端の筋群をトレーニングするとそこが疲労してしまいます。

すると目標とする大筋群に対して十分な負荷をかけられなくなってしまいます。

そこで体幹部に近い大筋群をはじめに行ったほうが良いのです。

競技によっては、ある特定の筋肉を重点的に強化したい場合や、ケガのリハビリなど大筋群ではないトレーニング種目をはじめに行わないケースもあります。

どちらにしても、トレーニングを行う日に優先順位を決定してトレーニングを進めることが重要になります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-13

    競技力アップのための「専門スキル」

    いかにダイナミックな競技動作の中で、パワーを上手に発揮するのかという点についてのポイントは「反動をつ…
  2. 2015-2-17

    スポーツ医学のルーツを知る。

    どの分野でも常に新しい発見があるように、スポーツの世界でも、理論や科学、医学とさまざまな分野で進化を…
  3. 2015-7-8

    ヒトが美味しいものを求めるのはなぜ?

    味覚には、甘い・苦いといった味の質の認知的な分析の側面と、美味しい・不味いといった情動性の側面があり…
  4. 2014-10-24

    別腹ってホントにあるの?

    「別腹」って本当にあるのと思ったことありませんか?甘いものは「別腹」などと言われることがあり…
  5. 2015-10-10

    相反性抑制と反回抑制

    関節には、反対方向へ引き合う複数の筋群が対となって付着します。例えば、肘関節を伸ばす上腕三頭…
ページ上部へ戻る