重要性と原則に照らしてトレーニング種目を配列する

トレーニングは最初に行った種目の効果が一番大きくなり、後に行った種目ほど効果が小さくなります。

そのため、その人が重要度が高いと感じるトレーニング種目をはじめに行うことがポイントになります。

このことを「プライオリティの原則」と呼びます。

様々なトレーニング種目がある中で、大きな筋力やパワーを発揮する種目もあれば、局所的に筋力を発揮する種目もあります。

そのため、大きな筋肉や多数の筋肉を動員する種目を先に行い、そのあとで動員される筋肉量の少ない局所的な種目を行うのが基本になります。

例えば、スクワットやデッドリフト、ベンチプレスなどをはじめに行い、大筋群を鍛えます。

そこでは、末端の筋肉も補助的に働くので、それより先に末端の筋群をトレーニングするとそこが疲労してしまいます。

すると目標とする大筋群に対して十分な負荷をかけられなくなってしまいます。

そこで体幹部に近い大筋群をはじめに行ったほうが良いのです。

競技によっては、ある特定の筋肉を重点的に強化したい場合や、ケガのリハビリなど大筋群ではないトレーニング種目をはじめに行わないケースもあります。

どちらにしても、トレーニングを行う日に優先順位を決定してトレーニングを進めることが重要になります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-5

    温熱刺激による筋肥大亢進と筋萎縮抑制

    筋線維に対して温熱刺激を負荷として与えると、筋肥大が生じます。あらかじめ温熱刺激を与えてから…
  2. 2015-1-16

    ブルーベリーは眼に良いか

    PCで作業をしたり、本を読んだりするなどすると、目が疲れてくることがあるかと思います。目…
  3. 2015-3-6

    尿による水分量の調節

    1日に尿をする回数は、成人で平均4~6回、その量は1日で約1.5リットルになるといわれています。…
  4. 2015-8-7

    IGF-1と筋肥大の関係

    筋が、性ホルモン、成長ホルモン、インスリン、成長因子などの化学的刺激によって肥大することはよく知られ…
  5. 2014-11-13

    筋力トレーニングは身体を硬くする?

    『筋トレをすると体が硬くなるの?』と聞かれることがあります。うそ?ほんと?筋肉隆々の…
ページ上部へ戻る