関節運動について

腕や足の曲げ伸ばしをしたり、回したりする動作は、関節を中心として行われ、内転あるいは外旋など、それぞれの動きに呼び方がつけられています。

その関節運動に関与する筋肉と、働きを知っておくと、トレーニングで鍛える筋肉を意識できます。

関節運動には、伸展・屈曲、内転・外転、内旋・外旋、回内・回外などがあり、肩のように様々な運動ができる関節と指の関節のように運動が限られる関節があります。

日常の様々な動作やスポーツ動作など、ほとんどの動きは、ひとつの関節運動だけではなく、いくつかの関節運動が組み合わさっています。

トレーニングを行う場合は、どの関節がどのような運動を行うとき、どおの筋肉が働くかを理解してから行うと良いです。

関節運動をよく理解することは、アンバランスな関節運動から身についています悪い癖やスポーツ障害を予防する上でも重要になります。

ひとつの関節運動が不十分でも他の運動で代償できます。

このことは、ある部位を怪我していたり、高齢で、ある動きが不自由になっていたりする場合に、他の関節運動で補える、ということで便利になります。

一方、スポーツ選手では、本来使うべき関節運動を使わないことになるので問題です。

特にジュニア期では十分に注意した方が良いですが、このような筋肉と関節運動の関係を理解することを目的とするなら、ジュニア期に筋力トレーニングを行うのも良いです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-10-9

    運動後には・・・チョコレートドリンク!?

    運動後の水分補給や栄養補給には何が効果的か。これに関しては、さまざまなところで議論が行な…
  2. 2015-12-31

    脊柱安定化機構における靭帯の存在

    脊柱は身体を支持する上で非常に重要ですが、各椎体を支持するために様々な靭帯が存在しています。…
  3. 2014-10-17

    エネルギー供給機構を考える。

    筋収縮には ATP が必要であるが、筋内のATP の量はわずかであるため、運動を継続す るた…
  4. 2015-7-5

    温熱刺激による筋肥大亢進と筋萎縮抑制

    筋線維に対して温熱刺激を負荷として与えると、筋肥大が生じます。あらかじめ温熱刺激を与えてから…
  5. 2015-1-30

    1億画素の網膜

    眼はものをみるとき、光を受け取っています。外からの光は、瞳孔の縮小と散大によって調節され網膜…
ページ上部へ戻る