動きの大きさと発揮する力を左右する関節角度と可動域

運動は、脳からの指令によって筋肉が収縮することによって骨が動かされ、関節の角度を変え起こるものです。

屈伸運動や身体をひねる動きを行ったときに関節が最大限動く範囲を可動域といいます。

身体の様々な関節は、構造によってそれぞれに標準的な可動域があります。

膝関節のように動きの限られた関節もあれば、肩関節や股関節のように多方面に動く関節もあります。

また自分の力で動かせる範囲と、他から力を加えられて動く範囲があります。

可動域は関節の構造と筋肉の柔軟性によって影響され、筋肉の柔軟性が低かったり、筋の疲労や関節の損傷がある場合は、可動域が制限されます。

可動域に左右差があったり、近い関節と比べて可動域が小さい場合は、可動域が大きい関節に負担が集中し、ケガしてしまうことがあるので注意が必要です。

また、関節の動く範囲の中でも、角度によって発揮できる筋力が異なります。

関節をある程度屈曲させた状態が最も筋力を発揮しやすく、そこから離れれば筋力は低下します。

球技など相手と競うスポーツの場面では常に関節がベストな角度を保てるわけではありません。

そのため、筋力トレーニングを行う際には関節の角度を意識して、最大筋力が発揮できる角度だけではなく、他の角度でも行うことも大切になります。

高齢者には、制限された関節可動域を回復することが転倒予防に重要になります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-3-5

    カラダの大きな力を出せないしくみ

    スポーツや生活の中では大きな力を出すことが必要な場面がたくさんあります。そんな時にきちんと大…
  2. 2014-10-6

    レジスタンストレーニングと代謝

    代謝は大きく、基礎代謝、安静時代謝、活動時代謝に分けることができます。基礎代謝とは、生命の維持に…
  3. 2016-1-28

    運動感覚情報と内部モデル

    体性感覚は、内蔵と脳以外の身体組織に存在する受容器の興奮によって生じる感覚のことで…
  4. 2015-8-21

    筋紡錘とゴルジ腱器官

    筋紡錘は最も複雑な感覚受容器であり、知覚部分と収縮部分からなり、筋線維と一緒に引き伸ばされるように筋…
  5. 2017-2-11

    筋力トレーニングは慢性障害やネンザの予防になる。

    より強いパワーやより速いスピードを身につけることだけが、筋力トレーニングの効果ではありません。…
ページ上部へ戻る