動きの大きさと発揮する力を左右する関節角度と可動域

運動は、脳からの指令によって筋肉が収縮することによって骨が動かされ、関節の角度を変え起こるものです。

屈伸運動や身体をひねる動きを行ったときに関節が最大限動く範囲を可動域といいます。

身体の様々な関節は、構造によってそれぞれに標準的な可動域があります。

膝関節のように動きの限られた関節もあれば、肩関節や股関節のように多方面に動く関節もあります。

また自分の力で動かせる範囲と、他から力を加えられて動く範囲があります。

可動域は関節の構造と筋肉の柔軟性によって影響され、筋肉の柔軟性が低かったり、筋の疲労や関節の損傷がある場合は、可動域が制限されます。

可動域に左右差があったり、近い関節と比べて可動域が小さい場合は、可動域が大きい関節に負担が集中し、ケガしてしまうことがあるので注意が必要です。

また、関節の動く範囲の中でも、角度によって発揮できる筋力が異なります。

関節をある程度屈曲させた状態が最も筋力を発揮しやすく、そこから離れれば筋力は低下します。

球技など相手と競うスポーツの場面では常に関節がベストな角度を保てるわけではありません。

そのため、筋力トレーニングを行う際には関節の角度を意識して、最大筋力が発揮できる角度だけではなく、他の角度でも行うことも大切になります。

高齢者には、制限された関節可動域を回復することが転倒予防に重要になります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-12-29

    関節包内運動と固定の位置・ゆるみの位置

    関節には、その角度によって固定の位置(close−packed position)とゆるみの位置(o…
  2. 2015-9-4

    作業能率的・美学的視点から考える姿勢

    姿勢の良し悪しは、どのような視点でみるのかによって異なります。作業能率と美学的な視点からもみ…
  3. 2015-5-20

    難消化性デンプンとは

    難消化性デンプンとは、レジスタントスターチといい、ヒトの小腸まででは消化されず、大腸に届くでんぷん、…
  4. 2015-9-9

    筋の緊張の調整

    筋緊張とは、広義には安静時における筋の活動状態を示すとともに、運動時の筋活動によって筋張力が発生し、…
  5. 2015-10-18

    パフォーマンスストラテジー

    特定のスポーツに向けて、生理学的・心理的なストラテジーが用いられます。パフォーマンスストラテ…
ページ上部へ戻る