目標心拍数について

トレーニングで、最も重要なことは強度の設定です。

有酸素トレーニングを行う時は最大酸素摂取量の何%で行うかということが強度の設定になります。

持久力アップを目標とするなら50〜70%、健康維持を目標とするなら40〜60%がいいとされています。

しかし、最大酸素摂取量や運動中の酸素摂取量を測ることは容易ではないので、酸素摂取量と密接な関係にある心拍数で代用することが多いです。

その際用いられるのが、目標心拍数です。

心拍数を使うとき、トレーニング時の1分間当たりの心拍数が、最高心拍数の何%かという設定で行う方法もありますが、心拍数は酸素摂取量に比べ、安静の値が大きいため、安静値が35〜40%になるのが難点です。

そこで、心拍予備量で何%かという目標心拍数の設定を行うのが一般的で、次の式で求めます。

目標心拍数=(最高心拍数ー安静時心拍数)×目標強度+安静時心拍数

例えば最高心拍数が190拍の人で、安静時心拍数が70拍だとすると、心拍予備量は120拍になります。

持久力アップを目指すためには、目標強度を50%にするなら、目標心拍数はこのようになります。

目標心拍数=(190ー70)×0,5+70=130

この場合は心拍数が130となるような強度のトレーニングを行います。

最近では無酸素性作業閾値を運動やトレーニングの目安に使うことも多いため、そのときの心拍数を目標心拍数とするのもいいです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-19

    ピリオダイゼーション

    スポーツ選手が1年のうちで最も重要な試合に自分のコンディションがピークの状態で望むためにトレーニング…
  2. 2014-11-21

    筋繊維特性と筋肥大の関係

    筋トレをしているけど「筋肉が太くならない」と悩んでいる男性は多いのではないでしょうか?筋肉を…
  3. 2015-5-17

    体温と代謝

    私たちの体温は通常37℃前後に一定に保たれています。これを内温性といいます。これに対…
  4. 2016-4-10

    筋弱化が起こる要因

    筋弱化が起こる要因としては●硬さによる筋弱化使いすぎ(過用)や外傷によって筋が硬くなるこ…
  5. 2015-9-9

    筋の緊張の調整

    筋緊張とは、広義には安静時における筋の活動状態を示すとともに、運動時の筋活動によって筋張力が発生し、…
ページ上部へ戻る