目標心拍数について

トレーニングで、最も重要なことは強度の設定です。

有酸素トレーニングを行う時は最大酸素摂取量の何%で行うかということが強度の設定になります。

持久力アップを目標とするなら50〜70%、健康維持を目標とするなら40〜60%がいいとされています。

しかし、最大酸素摂取量や運動中の酸素摂取量を測ることは容易ではないので、酸素摂取量と密接な関係にある心拍数で代用することが多いです。

その際用いられるのが、目標心拍数です。

心拍数を使うとき、トレーニング時の1分間当たりの心拍数が、最高心拍数の何%かという設定で行う方法もありますが、心拍数は酸素摂取量に比べ、安静の値が大きいため、安静値が35〜40%になるのが難点です。

そこで、心拍予備量で何%かという目標心拍数の設定を行うのが一般的で、次の式で求めます。

目標心拍数=(最高心拍数ー安静時心拍数)×目標強度+安静時心拍数

例えば最高心拍数が190拍の人で、安静時心拍数が70拍だとすると、心拍予備量は120拍になります。

持久力アップを目指すためには、目標強度を50%にするなら、目標心拍数はこのようになります。

目標心拍数=(190ー70)×0,5+70=130

この場合は心拍数が130となるような強度のトレーニングを行います。

最近では無酸素性作業閾値を運動やトレーニングの目安に使うことも多いため、そのときの心拍数を目標心拍数とするのもいいです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-1-11

    単純な行動も脳のさまざまな部位によって制御されている。

    単純な反射反応から複雑な精神活動まで、すべての行動は適切に相互されたニューロン間に起こるシグナル伝達…
  2. 2015-7-3

    細胞内共生説

    化石から推測すると、約35億年前に原始生物が誕生し、真核生物したのは約10億年前になります。…
  3. 2014-10-17

    エネルギー供給機構を考える。

    筋収縮には ATP が必要であるが、筋内のATP の量はわずかであるため、運動を継続す るた…
  4. 2017-1-7

    筋肉による能動的システムにアプローチする

    正しい動作を行うためには、体幹部の教育と機能を高めることが必要になります。この体幹部を安定さ…
  5. 2015-1-24

    高齢者の運動効果

    歳をとってからでも筋肉トレーニングをしたら効果は出るのでしょうか??高齢者でもしっかりと筋ト…
ページ上部へ戻る