呼吸や腹圧を高める上で欠かせない腹横筋

腹横筋は腹部の筋肉の中でもっとも深層部にある筋肉で、背中からお腹にかけてコルセットを巻くように横に覆っています。

腹横筋は腹圧を高めるために欠かせない筋肉で、息を吐くときに収縮します。

また腹横筋は、スポーツ動作で一番初めに筋収縮する筋肉でもあります。

かつては呼吸のためだけの筋肉だと考えられていました。

トレーニングにおいてもあまり重要視されていなかったのですが、スポーツ科学の研究が進み、全身の筋肉の中で一番始めに筋収縮することがわかりました。

つまり、腹横筋を充分に使うことによって、他の筋肉も効率的に使えるようになるのです。

また、腹横筋はお腹周りをほぼ一周取り囲むコルセットのような役割があります。

その圧力が高ければ高いほど腰部は安定したポジションをとることができます。

痛めやすい腰の周囲を守り背骨のバランスを安定させ、適切なポジションを保つ重要な働きをします。

正しい姿勢を保つためにも大切な筋肉なのです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-4

    反射神経とは

    競技によっても様々ですが、アスリートたちの反応の速い動きをみてると驚かされるばかりです。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-10

    相反性抑制と反回抑制

    関節には、反対方向へ引き合う複数の筋群が対となって付着します。例えば、肘関節を伸ばす上腕三頭…
  2. 2015-1-9

    PRI(Postural Restoration Institute)を考える

    全身のバランスを考えるときに体は左右対称にすべきなのか。それとも、もともとが左右対称でないので、…
  3. 2015-3-25

    脂肪細胞とホルモン

    脂肪細胞はいわば中性脂肪の倉庫みたいなもので、貯蔵する中性脂肪が増えて脂肪細胞に入りきらなくなると、…
  4. 2015-6-8

    内側運動制御系と外側運動制御系

    運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。…
  5. 2015-5-15

    ADLを考える。

    ADLとはActivities of daily livingの略で日常生活動作と訳されます。…
ページ上部へ戻る