推定最大酸素摂取量について

人間が、何か継続した運動をするとき、呼吸によって体内に取り込まれた酸素が筋肉に運ばれ、その酸素によって動くためのエネルギーが作り出されます。

その酸素を、1分間あたりに摂取する量を酸素摂取量といい、また、その最大値を最大酸素摂取量と呼んでいて、持久力の評価尺度の一つになっています。

ただし、最大酸素摂取量を測定するには限界まで運動しなければならず、また専門的な測定機器も必要であり、測定するのは容易ではありません。

そこで、最大酸素摂取量を測定しないで推定で求める推定最大酸素摂取量が用いられます。

広く用いられているのは、自転車エルゴメーター運動です。

その根拠は、運動強度と酸素摂取量に密接な関係があり、また運動中の心拍数と酸素摂取量の間にも密接な関係があることです。

具体的には、運動の強度を変えて数段階に行い、そのときの心拍数をそれぞれ測定します。

次に数段階の心拍数と運動強度の関係式を求めて、その式に年齢から推定される最高心拍数を代入して推定最大酸素摂取量を求めます。

このようにいくつかの推測を経て求める値ですので、精度は高くありません。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-10-10

    ランボペルビック・リズムとは?

    腰椎や骨盤付近の構造を考える際に「ランボペルビック・リズム」という捉え方をすることがあります。…
  2. 2015-1-8

    『可動性(MOBILITY)と安定性(STABILITY)』

    身体の効率的な動作には可動性と安定性が必要です。よく聞く柔軟性と可動性は少し異なり、柔軟性は…
  3. 2015-8-9

    300億個もの脂肪細胞とエネルギー恒常性

    脂肪細胞は脂肪組織の主要な構成細胞であり、エネルギーを細胞内に中性脂肪として蓄積しています。過剰…
  4. 2016-2-9

    呼吸調整中枢とその機能

    呼吸は日常の活動に常に随伴して行われます。つまり、呼吸は多くの運動活動と調和する必要がありま…
  5. 2015-6-20

    下行性疼痛抑制系とは

    アメリカの神経解剖学者のAllan Basbaumと、神経生理学者のHoward Fieldsは19…
ページ上部へ戻る