推定最大酸素摂取量について

人間が、何か継続した運動をするとき、呼吸によって体内に取り込まれた酸素が筋肉に運ばれ、その酸素によって動くためのエネルギーが作り出されます。

その酸素を、1分間あたりに摂取する量を酸素摂取量といい、また、その最大値を最大酸素摂取量と呼んでいて、持久力の評価尺度の一つになっています。

ただし、最大酸素摂取量を測定するには限界まで運動しなければならず、また専門的な測定機器も必要であり、測定するのは容易ではありません。

そこで、最大酸素摂取量を測定しないで推定で求める推定最大酸素摂取量が用いられます。

広く用いられているのは、自転車エルゴメーター運動です。

その根拠は、運動強度と酸素摂取量に密接な関係があり、また運動中の心拍数と酸素摂取量の間にも密接な関係があることです。

具体的には、運動の強度を変えて数段階に行い、そのときの心拍数をそれぞれ測定します。

次に数段階の心拍数と運動強度の関係式を求めて、その式に年齢から推定される最高心拍数を代入して推定最大酸素摂取量を求めます。

このようにいくつかの推測を経て求める値ですので、精度は高くありません。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-15

    ADLを考える。

    ADLとはActivities of daily livingの略で日常生活動作と訳されます。…
  2. 2015-10-22

    原始反射という運動構築の資材

    膝蓋腱を叩くと、反射的な膝関節の動きが見られます。他にも、熱いストーブに触れると敏速な反射的な四…
  3. 2016-2-9

    呼吸調整中枢とその機能

    呼吸は日常の活動に常に随伴して行われます。つまり、呼吸は多くの運動活動と調和する必要がありま…
  4. 2015-4-15

    間脳の解剖 前編

    間脳は大脳半球と中脳との間にある脳部です。背面は大脳半球に覆われているので、外からは見えませ…
  5. 2017-1-21

    有酸素的運動

    有酸素的運動と筋線維タイプ脊柱起立筋や中殿筋をはじめとする長時間にわたる持続的な姿勢…
ページ上部へ戻る