レペティション・マキシマムについて

バーベルなどで、その重さを最大何回繰り返して挙げれるかという、最大反復回数のことをレペティション・マキシマムと呼び、これが筋力トレーニングを行う際の実用的な負荷強度の基準となります。

例えば、スクワットで最大100Kg挙上出来ても、10回繰り返すことはできない人が、70Kgまで落とせば10回できるという場合10RMが70Kgとなります。

この時、1RMが100Kgです。

さらに60Kgまで落とせば20回挙げられるとしたら、20RMが60Kgとなります。

トレーニングで最も大切なことは、常に自分にあった強度でトレーニングすることです。

筋力がアップすると、以前はちょうど良かった重さが、軽く感じられるので、使用する重さをアップさせなければいけません。

これが漸進的オーバーロードで、その目安が10RMです。

最大能力の70%を求めるには、最大能力すなわち最大努力が必要となりますが、10RMを求めるには、最大努力が必要ではないので、トレーニング自体の安全性が高く、実用的でもあります。

レペティション・マキシマムは鍛える筋肉ごとに変わってくるため、各筋肉ごとに計測し、トレーニングを実施していくことが必要です。

パワー系のスポーツ選手は、ときに10RMより高い負荷でトレーニングする必要もあります。

また、経験の浅い人や年齢の高い人は10RMより低い負荷でも効果は得られます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-27

    プレ・パフォーマンス・ルーティンとフォーカルポイント

    スポーツの世界ではよく「集中力」という言葉を耳にします。「集中力が足りないから負けた」、「集…
  2. 2016-2-13

    体重の構成要素

    体重の構成要素には、①脂肪量(脂肪組織および他の組織中に含まれるすべての脂肪)②除脂肪量(水…
  3. 2015-3-31

    sensori-motor integration

    我々が自由に身体を移動させ、手でものをつかみ、投げ、道具を作り、操ることができるのは、全身に備わって…
  4. 2015-12-15

    伸張反射は中枢からの運動司令を強化する。

    すべての運動は筋や関節や皮膚の受容器を活性化させます。Sherringtonは、身体運動によ…
  5. 2015-6-12

    神経系と反射弓

    神経系の機能の本質は、刺激を末梢から中枢に導き、興奮を中枢から末梢に伝えることにあります。こ…
ページ上部へ戻る