体幹のインナーマッスルについて

体幹とは、身体の胴体部分を指す言葉です。

例えば、上肢から下肢までが関連する力強い大きな運動には体幹の安定が不可欠ですが、体幹は骨盤の上に椎体という小さな骨が一本の背骨となって乗った不安定な構造になっています。

特に腹腔と呼ばれる骨盤から肋骨の部分は、内臓が位置するため骨による支持が少ない構造になります。

体幹の表層の筋と深層の筋では担う役割が異なります。

お腹のへその位置で体幹を輪切りにした際に、外側に位置する主なアウターマッスルは腹直筋・外腹斜筋・内腹斜筋・腰方形筋・一部の脊柱起立筋で構成されています。

腹直筋や脊柱起立筋は重力に抗して直立姿勢を保つ役割を担っています。

また、これらの筋は、身体を前後左右に倒す動作や捻る動作など、身体を大きく動かす際の主動筋となります。

一方、体幹の深層に位置する主なインナーマッスルは、腹横筋・多裂筋・骨盤底筋群などで構成されます。

これらの筋肉は腹腔をコルセット状に取り囲むことで骨盤を安定させ、また上部に位地する横隔膜とともに腹腔の内圧を高めて脊柱を支持する働きもします。

さらに深層にある横突間筋や棘間筋、背骨の靭帯と共に、アウターマッスルによる様々な動きに際して、骨盤や脊柱を安定させ姿勢が崩れないようにバランスを保持する役割を担っています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-17

    ポッピングサルコメア仮説とは

    オーストラリアの電気技師David Morganは、遠心性収縮に伴う筋損傷について、損傷をもたらすの…
  2. 2016-3-13

    睡眠欲求の2つのプロセス

    睡眠は概日性の行動であり、すべての種において、睡眠の周期は地球の自転と昼夜周期を知らせる時間の手がか…
  3. 2017-3-12

    発育期における筋力エクササイズ

    近年子ども達の体力や運動能力の低下が指摘されています。筋の発揮する張力は身体活動の基盤であり…
  4. 2015-1-24

    神経ヒスタミンを活性化させる。

    咀嚼によって脳内に放出されるヒスタミンは、睡眠ー覚醒サイクル調節機能に関与します。睡眠と覚醒…
  5. 2015-2-23

    「不定愁訴」に気をつけましょう。

    現代では、「身体がだるい」、「頭が重い」、「イライラする」、「疲労感が取れない」など、「なんとなく体…
ページ上部へ戻る