体力基盤を向上させる基礎的トレーニング

基礎的トレーニングとは、すべてのスポーツに必要とされる体力基盤を向上させるための基礎的なトレーニングです。

成長途上にある小・中学生では、基礎的トレーニングが中心となります。

また、それ以上の年代であってもこの基礎的トレーニングを怠るとベースとなる大量は現状維持、または低下することもあり、各スポーツのパフォーマンスが頭打ちになってしまう可能性があります。

そのため基礎的トレーニングと専門的トレーニングをバランスよく行うことが必要になります。

基礎的トレーニングには、腕立て伏せや腹筋などのように一般的によく行われるものが多く含まれます。

ただし、やり方は知っているからと受け流すものは禁物です。

腕立て伏せでは身体を一直線に保つなど、注意すべきポイントがあります。

もしそれを守らなければ、効果が上がらないばかりかケガの原因になる可能性もあります。

もう一度フォームを確認して効果的にトレーニングを行いましょう。

また、筋力トレーニングの基本は、全身の筋肉をバランスよく鍛えることです。

腕力を高めたいからといってほかの種目は行わずに腕立て伏せばかりを繰り返していると身体のバランスが崩れてしまいます。

上半身を鍛えたら下半身というようにローテーションさせて行うなど工夫をしましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-8-7

    IGF-1と筋肥大の関係

    筋が、性ホルモン、成長ホルモン、インスリン、成長因子などの化学的刺激によって肥大することはよく知られ…
  2. 2015-2-22

    運動をする時間帯とそのパフォーマンスについて

    運動を実施する時間帯とそのパフォーマンスには相関するものがあるでしょうか?被験者に1時間ごと…
  3. 2015-10-22

    原始反射という運動構築の資材

    膝蓋腱を叩くと、反射的な膝関節の動きが見られます。他にも、熱いストーブに触れると敏速な反射的な四…
  4. 2017-3-2

    回転動作の作用・反作用

    カラダのある部分で1つの運動が生じると、それと反対方向の運動が起こって全体のバランスがとれるという現…
  5. 2015-8-9

    大脳と随意運動

    連合野には前頭連合野、頭頂連合野、側頭連合野があります。視覚、体性感覚、前庭・迷路感覚からの…
ページ上部へ戻る