体力を維持するコツ

学生の部活動以来で運動をやって身体が動かなくてだめだったという経験がある方もいるでしょう。

長期にわたるブランクのあと、スポーツを行おうと思ってもなかなか以前のようなパフォーマンスを発揮できないものです。

身体的な面では、筋力の低下がその原因の1つになります。

筋力の低下を防ぐためには、筋力トレーニングを続けることが大切です。

1週間に1回でもやるのとやらないとでは大違いです。

こまめに継続することが大切なのです。

歳をとると筋力が落ちてくるという印象が強いかもしれませんが、実際はトレーニングを怠らなければ、かなり高い年代まで筋力を維持することができます。

筋力トレーニングの経験がない人の場合、70歳以上になってから初めても筋力を上げることは可能です。

ただし、歳をとるとトレーニングの実施後の回復能力が低下しやすい傾向があるため、若い人と比べてトレーニングの頻度を落とす必要があります。

無理をせず、疲労度や体調に応じて、トレーニングの内容を調整しましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-7

    グリア細胞について考える

    脳の神経系を組織学的にみると、一定の排列と連結をなすニューロンとその周囲を取り巻くグリア細胞からなり…
  2. 2015-12-18

    夢の中での出来事

    成人の場合、レム睡眠は総睡眠時間のうち約25%を占めます。実は毎晩約2時間も鮮明な夢をみてい…
  3. 2015-8-18

    飢餓や絶食と代謝

    飢餓や減量のための絶食もストレスの一種です。代謝に必要なエネルギーが摂取できなくなると、体内…
  4. 2015-10-30

    ミオシンの運動メカニズム

    筋収縮のメカニズムは、1954年に提唱された滑走説が有力とされています。滑走説を簡単に説明す…
  5. 2015-6-12

    神経系と反射弓

    神経系の機能の本質は、刺激を末梢から中枢に導き、興奮を中枢から末梢に伝えることにあります。こ…
ページ上部へ戻る