SAQトレーニングについて

スピードを、S:スピード=最高速度、A:アジリティ=敏捷性、Q:クイックネス=素早さ、の3つの要素に分けて、ラダーやミニハードルなどの器具を用いてトレーニングする方法のことです。

特に陸上競技・野球・サッカーなどの基礎トレーニングとして重視されています。

ランニングをはじめとした、基本的な動作そのものの改善を図るのは容易ではありませんが、様々な器具を使用するSAQトレーニングを多角的に行うと、問題点を発見しやすいです。

また、基礎動作と、そのもとになる身体能力を意識しやすくなるので、基礎トレーニングとしての利点が大きいです。

専門種目がある場合は、その種目の特徴、目指すプレーなどを意識し、SAQトレーニング種目を選択して行うとより効果的です。

また、動きの滑らかさを重視して行えば、コーディネーショントレーニングになります。

対象者の年齢が低い場合は、様々な種目を遊び感覚で取り入れるといいです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-5-6

    足裏チェックして姿勢を改善

    姿勢をただしてくださいと言われると、多くの人は背中を意識して背筋をピンと伸ばそうとすると思います。…
  2. 2015-1-24

    神経ヒスタミンを活性化させる。

    咀嚼によって脳内に放出されるヒスタミンは、睡眠ー覚醒サイクル調節機能に関与します。睡眠と覚醒…
  3. 2014-11-22

    グリコーゲンローディング

    日常生活におけるあらゆる運動・スポーツはエネルギー源物質であるアデノシン三リン酸(ATP )の高エネ…
  4. 2016-1-24

    オメガ3脂肪酸の抗炎症機能

    EPAやDHAなどの「オメガ3脂肪酸」は魚油などに多く含まれていて、「オメガ3脂肪酸」は視力の維持や…
  5. 2015-5-24

    大脳皮質の地図

    皆さん、脳に地図があることは知っていますか?もちろん脳に地図が描かれているわけではありませんが、…
ページ上部へ戻る