筋腱複合体について

人間の身体は、脳からの指令によって筋肉が収縮し、骨を動かす仕組みになっていますが、その骨と筋肉の接合部は、腱を介して付着しています。

筋肉は、1本1本の細い筋線維からなり、それが束ねられ筋束になり、さらにそれが集められたものを筋腹と呼んでいます。

また、筋腹と腱のつなぎ目を筋腱接合部といい、筋腹と腱をつなぎ合わせた全体を筋腱複合体といいます。

筋と腱は、それぞれ別に働くのではなく、連携しています。

例えば、外部からの力が加わったとき、筋は力に応じて収縮・伸張しますが、腱は加わった力を一時的に蓄え、伸張されると強い力で短縮するという性質を持っています。

この両者の性質を合わせて筋腱相互作用といい、身体運動を理解する上で、重要な概念になっています。

ふくらはぎとアキレス腱が典型的な筋腱複合体です。

連続してジャンプを行うとき、接地時にはふくらはぎとアキレス腱の筋腱複合体が伸ばされます。

その時、下腿三頭筋を緊張させておくと、その分アキレス腱が伸ばされ、そのアキレス腱が短縮する力が有効に使われると効率よくホッピングができます。

筋腱複合体が、いわゆるバネのように働いています。

これは、身体の落下エネルギーの一部が、一時的にアキレス腱に蓄えられ、放出されたとも言えます。

筋力トレーニング、ストレッチなどでは、それぞれの課題が筋腱複合体にどう影響するかを考えて組み立てることがポイントになります。

特に、ランニングやジャンプでは、筋腱相互作用をより有効に活かせば、より大きい力を生み出したり、より少ないエネルギーで走ったりすることが可能になります。

この、筋腱複合体の相互作用を有効し、その弾性エネルギーを利用するためのトレーニングがプライオメトリクスです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-5

    温熱刺激による筋肥大亢進と筋萎縮抑制

    筋線維に対して温熱刺激を負荷として与えると、筋肥大が生じます。あらかじめ温熱刺激を与えてから…
  2. 2015-10-4

    神経分離可能性の原理

    運動の遂行には、様々な感覚情報が関与します。心理的要因も例外ではありません。運動の制…
  3. 2015-8-4

    筋・筋膜痛について

    筋痛には、運動に伴う筋痛や、反射性筋収縮による筋痛、筋筋膜性疼痛症候群、線維性筋痛症候群、緊張による…
  4. 2015-8-14

    ストレスと自己防衛

    ストレスが加わると、神経系・内分泌系・免疫系に変化が生じ、これらが相互に密接な関係を保ちつつ、脳の制…
  5. 2015-7-6

    細胞呼吸とは

    細胞内では、炭水化物、脂肪、タンパク質などの有機化合物を分解し、そのときに生じたエネルギーをATPの…
ページ上部へ戻る