持久力の種類

ひとくちに持久力といってもいくつかの種類があります。

1つは、「有酸素性持久力」であり、これは比較的強度の低い運動を長時間実行する能力です。

マラソンのような競技で必要となり、ペースランニングは主としてこの能力を高めてくれます。

その他にも持久力には、全力で運動をできるだけ長く続けるために必要な「無酸素性持久力」やダッシュなどの強度の高い運動を休息を入れながら繰り返して実行するのに必要な「間欠性持久力」などがあります。

無酸素性持久力は陸上競技の中距離走(400~800m)の競技で必要になります。

間欠性持久力は、バスケットボールやサッカー、野球、ラグビーなど多くのスポーツで必要になります。

この間欠性持久力を高めるトレーニング種目として「ダッシュインターバル」などが有効とされています。

このトレーニングでは、速いペースで走る急速期とゆっくり走る緩走期を交互に行うトレーニング方法で、急走期は全力に近いペースで走ります。

試合の最後まで走っては止まりという運動を繰り返し行える能力を高めてくれるのです。

実際の行い方は、急走期で30~100mを全力スピードで走り、緩走期は50~100mをジョギング程度にゆっくり走ります。

回数は10本を目安に、選手のレベルやスポーツの特性に応じて設定します。

このようなトレーニングを行った後は、疲労のあまりグランドにすわりこんでしまいがちです。

しかし、すわって静止してしまうと血液の循環が滞り、疲労物質の除去がスムーズに行わなくなるので注意が必要です。

疲れていても、歩いたりジョギングをしたりすると早く回復できます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-18

    横隔膜の機能が低下する理由

    普段何気なく行う呼吸ですが、この呼吸においてメインとなって働くのが横隔膜です。肺は自分で収縮…
  2. 2017-3-11

    負荷に自重を用いる場合の留意点

    筋力エクササイズの負荷に自重を用いた場合、鍛えたい筋や筋群に加わる負荷強度は、自重に対するそれらの筋…
  3. 2017-1-26

    代謝環境を利用して脳を刺激する

    筋肉を動かし力を出すためには、ATPという物質のエネルギーが必要です。これは、あらかじめ大量…
  4. 2015-4-25

    食事と咀嚼

    食べるということは、生きるため健康のためにはとても重要な事になります。食べるときは、歯だけで…
  5. 2015-5-29

    インスリン分泌促進因子インクレチンと肥満の関係

    インクレチンとは消化管ホルモンであるGIPとGLP-1の総称です。これらは食事摂取に伴い効率…
ページ上部へ戻る