覚えておきたい法則(原則)

筋力トレーニングをするにあたって覚えておきたい3つの法則があります。

1つ目は、「ルーの法則」です。

これは、人体の機能は、適度に使えば発達するが、使わなければ衰え、使いすぎれば傷害を起こしたり萎縮したりするというものです。

トレーニングには休息も必要です。

適度なトレーニングを心がけましょう。

2つ目は、「漸増的過負荷の原則」です。

これは、トレーニングは一定の条件で行い、体力の向上に応じて条件を少しずつ高めていく必要があるということです。

筋力アップしてくると、同じ種目でもより多くの反復ができるようになりますが、そのままの重さではトレーニングの効果が頭打ちになってしまいます。

現在の筋力に応じて負荷設定をおこないましょう。

3つ目は、「特異性の原理」です。

これは、トレーニングの効果は実施した内容に応じて現れることから、効果を得るためには、改善したい動作や体力にあった条件でトレーニングを実施することが必要であるということです。

専門としているスポーツに応じて、関連の深いトレーニングを行わなければ十分な効果を得ることはできません。

トレーニングを行う際はこれらを意識して効果的にトレーニングを行いましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-4

    反射神経とは

    競技によっても様々ですが、アスリートたちの反応の速い動きをみてると驚かされるばかりです。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-3

    生体の階層性について

    どんな生物でも、簡単か複雑かの違いはあるにしろ、それぞれの機能に応じた構造が対応しています。…
  2. 2017-3-11

    負荷に自重を用いる場合の留意点

    筋力エクササイズの負荷に自重を用いた場合、鍛えたい筋や筋群に加わる負荷強度は、自重に対するそれらの筋…
  3. 2015-11-7

    ミネラルの正体

    ミネラルというとイコール塩分といったイメージがありますが、実はそうではありません。普段、ミネ…
  4. 2014-11-6

    ”腰(コシ)”は身体の要

    腰椎椎間板ヘルニアという病名は一般化していますが、「腰椎」「椎間板」「ヘルニア」などと病名を分解して…
  5. 2015-4-15

    間脳の解剖 前編

    間脳は大脳半球と中脳との間にある脳部です。背面は大脳半球に覆われているので、外からは見えませ…
ページ上部へ戻る