覚えておきたい法則(原則)

筋力トレーニングをするにあたって覚えておきたい3つの法則があります。

1つ目は、「ルーの法則」です。

これは、人体の機能は、適度に使えば発達するが、使わなければ衰え、使いすぎれば傷害を起こしたり萎縮したりするというものです。

トレーニングには休息も必要です。

適度なトレーニングを心がけましょう。

2つ目は、「漸増的過負荷の原則」です。

これは、トレーニングは一定の条件で行い、体力の向上に応じて条件を少しずつ高めていく必要があるということです。

筋力アップしてくると、同じ種目でもより多くの反復ができるようになりますが、そのままの重さではトレーニングの効果が頭打ちになってしまいます。

現在の筋力に応じて負荷設定をおこないましょう。

3つ目は、「特異性の原理」です。

これは、トレーニングの効果は実施した内容に応じて現れることから、効果を得るためには、改善したい動作や体力にあった条件でトレーニングを実施することが必要であるということです。

専門としているスポーツに応じて、関連の深いトレーニングを行わなければ十分な効果を得ることはできません。

トレーニングを行う際はこれらを意識して効果的にトレーニングを行いましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-15

    筋細胞内の刺激伝達たんぱく質「エムトル」

    骨格筋が緩やかに減少していくことは高齢者の筋発揮能を考える上で非常に重要である。加齢に伴う骨格筋…
  2. 2015-2-9

    マウスピースの効果

    最近、ボクシングやアメフトなどのスポーツ以外のアスリートでもマウスピースを着けている人が多く見られる…
  3. 2015-3-19

    脂肪とは何か?

    健康面でも美容面でも「脂肪」という名前が出ていますが、そもそも脂肪とはなんでしょうか。お腹の…
  4. 2014-11-22

    グリコーゲンローディング

    日常生活におけるあらゆる運動・スポーツはエネルギー源物質であるアデノシン三リン酸(ATP )の高エネ…
  5. 2014-9-27

    発語「しゃべる」という能力って?

    ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。ヒトの大…
ページ上部へ戻る