トレーニングは大筋群などから先に行う

トレーニング種目を選択したら、種目の順番を考えます。

行う順序にはいくつかのポイントがあります。

まず筋力トレーニングでは先に行ったトレーニング種目のほうが疲労が少なく、高い集中力で行うことができるため、後に行ったトレーニング種目よりも効果を得やすい傾向があります。

従って、とくに鍛えたい部位がある場合は、そのためのトレーニング種目を先に行うようにします。

また、大筋群(胸部、背部、大腿部などの大きな筋肉)のトレーニングは小筋群(肩部、腕部、下腿部、腹部などの小さな筋肉)のトレーニングよりも先に行うようにします。

さらに、ベンチプレスやスクワットのように、トレーニング動作中に複数の関節を起用する多関節運動は、アームカールやカーフレイズのようにひとつの関節のみを使用する単関節運動よりも多くの筋肉が使われ、高度なテクニックや姿勢支持力が要求されることから、プログラムの前半に行ったほうがよいとされています。

ただし、同じ内容のプログラムを長期にわたって続けていくと、その日の前半に行った大筋群のトレーニング種目に比べて後半に行った小筋群のトレーニング種目の効果が十分に上がらないことがあります。

このような場合には、トレーニング種目の順番を入れ替えて、小筋群を鍛えるものを先に行うと効果が上がりやすくなります。

また、パワーを向上させるために行う種目は、運動単位の動員の促進や爆発的な筋力発揮、神経系の機能改善が重要な課題となることから、プログラムの最初もしくは前半の披露してない状態で行うようにします。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-26

    骨盤の傾きと腰部などの身体への負担

    骨盤前傾が大きい(腰椎部伸展位)姿勢では、腰部が反りすぎてしまうので、椎間関節や棘突起など椎骨の後部…
  2. 2015-3-20

    身体を動かすテレビゲームって運動になるんですか?

    身体を動かすテレビゲームは今やたくさんありますが、果たしてそれが運動効果をもたらすものなのでしょうか…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2015-6-24

    興奮収縮連関と筋収縮メカニズム

    神経筋接合部の筋細胞膜側は終板とよばれ、ここには多数のニコチン性ACh受容体が存在しています。…
  5. 2015-12-15

    伸張反射は中枢からの運動司令を強化する。

    すべての運動は筋や関節や皮膚の受容器を活性化させます。Sherringtonは、身体運動によ…
ページ上部へ戻る