トレーニングは大筋群などから先に行う

トレーニング種目を選択したら、種目の順番を考えます。

行う順序にはいくつかのポイントがあります。

まず筋力トレーニングでは先に行ったトレーニング種目のほうが疲労が少なく、高い集中力で行うことができるため、後に行ったトレーニング種目よりも効果を得やすい傾向があります。

従って、とくに鍛えたい部位がある場合は、そのためのトレーニング種目を先に行うようにします。

また、大筋群(胸部、背部、大腿部などの大きな筋肉)のトレーニングは小筋群(肩部、腕部、下腿部、腹部などの小さな筋肉)のトレーニングよりも先に行うようにします。

さらに、ベンチプレスやスクワットのように、トレーニング動作中に複数の関節を起用する多関節運動は、アームカールやカーフレイズのようにひとつの関節のみを使用する単関節運動よりも多くの筋肉が使われ、高度なテクニックや姿勢支持力が要求されることから、プログラムの前半に行ったほうがよいとされています。

ただし、同じ内容のプログラムを長期にわたって続けていくと、その日の前半に行った大筋群のトレーニング種目に比べて後半に行った小筋群のトレーニング種目の効果が十分に上がらないことがあります。

このような場合には、トレーニング種目の順番を入れ替えて、小筋群を鍛えるものを先に行うと効果が上がりやすくなります。

また、パワーを向上させるために行う種目は、運動単位の動員の促進や爆発的な筋力発揮、神経系の機能改善が重要な課題となることから、プログラムの最初もしくは前半の披露してない状態で行うようにします。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-11

    フレイルという概念

    人間は年齢を重ねるにつれて身体機能が落ちてきます。そしてそれをそのままにしておくとQOL、A…
  2. 2016-1-6

    持続的な伸張に対する筋の適応

    伸張は筋に対して大きな適応を起こす手段のひとつです。その伸張を持続的、慢性的に起こすと果たし…
  3. 2015-11-13

    古来から伝わる鎮痛薬とは

    紀元前400年頃のギリシア人は、痛風の痛みや発熱に苦しむ患者に、ヤナギの皮や葉を…
  4. 2015-6-29

    筋タンパクの同化と異化について

    筋タンパクにおけるタンパク質の同化と異化のパランスは、筋力の維持、余剰になったエネルギーの貯蔵・管理…
  5. 2017-2-8

    筋力トレーニングと生活サイクル

    自分の理想の体を手に入れるため、パフォーマンスを上げるために筋力トレーニングを行いますが、1日のどの…
ページ上部へ戻る