脳の機能局在:前頭葉を考える

前頭葉は大きく分けると5つの大きな区分で考えられる。
それぞれを~野と称して、その働きをまとまてみた。

① 中心前野
中心前回と上・中・下前頭回の後部を含む。
この皮質領域の顆粒層は完全に欠如していて、錐体細胞が優位になっている。
中心前回は、前部と後部に分かれる。
中心前回の前部は運動前野と二次運動野と第6野がある。
中心前回の後部は一次運動野と第4野がある。

一次運動野の機能は、身体の各部位の個々の運動を起こすこと。
一次運動野は、運動前野、体性感覚野、視床、小脳、基底核からの求心線維を受ける。
計画された運動を遂行するための最終的センターとしての役割を持っている。
運動前野は、体性感覚野、視床、基底核から多くの入力を受ける。
過去の経験によって得られた運動のプログラムが蓄積されている。

② 補足運動野
中心傍小葉の前方にある。この領域の刺激によって対側の四肢の運動が誘発される。
補足運動野が傷害されても、運動麻痺は長く続かない。

③ 前頭眼野
中心前回の顔面領域から、中頭前回まで広がる。
この皮質領域からの出力線維は、中脳の上丘に達している。
上丘は、網様体を介して、外眼筋を支配する核と連絡している。
前頭眼野は、眼球の随意的な運動を制御している。

④ ブローカの運動性言語中枢
第44野と第45野。大多数の人は左半球にあり、この領域が傷害されると失語症が生じる。
隣接する運動野(咽頭・口・舌・軟口蓋・呼吸筋)とともに話言葉を構成する。

⑤ 前頭前野
中心前野の前方にある広い領域。人格形成に関わる領域。
皮質野および皮質下の入力を受け、ヒトの感性の深さを制御している。
ヒトの創造力と判断力にも影響を及ぼしている。

前頭葉といってもいろいろな機能を有するということがわかるかと。
余裕があればしっかりと復習してほしい部分である。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-18

    運動頻度

    運動頻度とは、週当たり、1日あたりのトレーニング回数のことです。運動頻度は、運動強度と運動時…
  2. 2014-9-27

    スポーツマッサージの効果って?

    マッサージには皮膚や筋肉の血行をよくするとともに、マッサージを施した部分だけでなく、全身の血液循環を…
  3. 2016-2-27

    皮膚温度の変化の検出と温度受容器

    手でもった対象物の大きさや形、テクスチャーは触覚だけでなく視覚によっても感知することが可能ですが、温…
  4. 2015-1-26

    オレキシンというもの。

    人は生きるために食事を取らなければなりません。もちろん生きるためではありますが、それ以上に食…
  5. 2015-8-14

    ストレスと自己防衛

    ストレスが加わると、神経系・内分泌系・免疫系に変化が生じ、これらが相互に密接な関係を保ちつつ、脳の制…
ページ上部へ戻る