脳の機能局在:前頭葉を考える

前頭葉は大きく分けると5つの大きな区分で考えられる。
それぞれを~野と称して、その働きをまとまてみた。

① 中心前野
中心前回と上・中・下前頭回の後部を含む。
この皮質領域の顆粒層は完全に欠如していて、錐体細胞が優位になっている。
中心前回は、前部と後部に分かれる。
中心前回の前部は運動前野と二次運動野と第6野がある。
中心前回の後部は一次運動野と第4野がある。

一次運動野の機能は、身体の各部位の個々の運動を起こすこと。
一次運動野は、運動前野、体性感覚野、視床、小脳、基底核からの求心線維を受ける。
計画された運動を遂行するための最終的センターとしての役割を持っている。
運動前野は、体性感覚野、視床、基底核から多くの入力を受ける。
過去の経験によって得られた運動のプログラムが蓄積されている。

② 補足運動野
中心傍小葉の前方にある。この領域の刺激によって対側の四肢の運動が誘発される。
補足運動野が傷害されても、運動麻痺は長く続かない。

③ 前頭眼野
中心前回の顔面領域から、中頭前回まで広がる。
この皮質領域からの出力線維は、中脳の上丘に達している。
上丘は、網様体を介して、外眼筋を支配する核と連絡している。
前頭眼野は、眼球の随意的な運動を制御している。

④ ブローカの運動性言語中枢
第44野と第45野。大多数の人は左半球にあり、この領域が傷害されると失語症が生じる。
隣接する運動野(咽頭・口・舌・軟口蓋・呼吸筋)とともに話言葉を構成する。

⑤ 前頭前野
中心前野の前方にある広い領域。人格形成に関わる領域。
皮質野および皮質下の入力を受け、ヒトの感性の深さを制御している。
ヒトの創造力と判断力にも影響を及ぼしている。

前頭葉といってもいろいろな機能を有するということがわかるかと。
余裕があればしっかりと復習してほしい部分である。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-24

    栄養や日光と関わる障害「くる病」とは

    栄養と健康は大きく関係し合っています。栄養不足だから体調が悪くなる、といったようなものだけで…
  2. 2016-1-16

    腱の機能解剖

    腱は筋と骨を結ぶ強靭な結合組織で、筋の収縮力を骨格へ効果的に伝達する。筋腱移行部では腱は筋細胞と…
  3. 2015-8-9

    大脳と随意運動

    連合野には前頭連合野、頭頂連合野、側頭連合野があります。視覚、体性感覚、前庭・迷路感覚からの…
  4. 2015-9-27

    運動後の筋疲労回復としての軽運動

    運動に疲労はつきものです。運動後に疲労を残さないために、さまざまな手段が考えられ、取り入れら…
  5. 2015-3-25

    ひとりごとも良いものです。

    日常生活の中でよくひとりごとを言う方もいることでしょう。大抵は特に意味の持たない言葉ですが、…
ページ上部へ戻る