胃の不調

飲み過ぎや食べ過ぎは胃の調子を崩してしまう原因となります。

通常、胃は空腹のときは0.05リットルほどの容積しかありませんが、食べ物が入ると最大1.8リットルほどにふくらみ、消化酵素ペプシンを含む胃液で細かくした食べ物を、筋の動きによって腸に送り出します。

飲み過ぎや食べ過ぎによって、大量のものが胃に入ると、胃液がうすまり、食べ物を細かくするのに時間がかかるため、胃に食べ物が残った胃もたれの状態になります。

また、食べ過ぎを続けると、筋の動きも悪くなり、さらに胃もたれが起こりやすくなってしまいます。

どろどろになった食べ物は、胃から十二指腸へ直径2ミリほどの幽門を通って運ばれます。

幽門では、毎分3キロカロリーずつ十二指腸に送られるようになっており、そうすることで腸でうまく消化・吸収ができると言われています。

朝食べたご飯はちょうどお昼時にからっぽになるということになります。

これがあるために、食べ過ぎると食事の時間なのに食欲が湧かない、といったことが起こります。

また、食べ過ぎは胃に食べ物がなくなってからも食欲を低下させることがあります。

胃に食べ物が入ると腸からはCCK(コレシストキニン)、脳からCRH(副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン)が分泌されます。

これらのホルモンは、脳に食欲を抑えるよう指令を伝えます。

食べ過ぎるとこれらのホルモンが過剰に分泌されてしまうため、胃の中に食べ物がなくなっても、ホルモンの作用が残り、食欲がわかなくなってしまうのです。

また、高脂肪食においても、十二指腸からCCKが過剰に分泌されるため、食欲がなかなか戻らない、といったことが起こります。

一方、腸では大量の水分が入ると、水分吸収が上手く行えなかったり、腸粘膜から多量の水分が出る異常が起きて、下痢が起きたりします。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-24

    呼吸筋のコンディショニング

    最近の研究で、横隔膜や腹横筋は体幹の安定性と呼吸の維持を図る二重作用を持つことが明らかにされていて、…
  2. 2017-5-20

    スポーツとパワー

    迫力のあるぶつかり合い、瞬間の素早い動き、力強い動作などをスポーツ場面で目の当たりにすると、パワー溢…
  3. 2015-8-30

    歩行の神経機構

    歩行は、直立姿勢の維持、バランス保持、足踏み運動の3つの基本的機能が有機的に組織化されることで成り立…
  4. 2015-9-23

    internal impingementのメカニズム

    肩関節を外転位で外旋させると、上腕骨大結節は肩甲骨関節窩後上方部分と衝突します。(internal …
  5. 2015-6-26

    アスリートの為のプロテイン摂取

    プロテインと聞くと、「筋肉増強剤」などのイメージが強い方もいらっしゃると思いますが、ビタミンやミネラ…
ページ上部へ戻る