筋力トレーニングは慢性障害やネンザの予防になる。

より強いパワーやより速いスピードを身につけることだけが、筋力トレーニングの効果ではありません。

筋力トレーニングにはケガを予防するという一面もあります。

スポーツのケガは、大きくわけて2種類あります。

1つは転倒や衝突などによる骨折やネンザのように1回の大きな衝撃によって起こる外傷です。

もう1つは、衝撃が繰り返し加わることなどによって起きる慢性障害です。

いずれも筋力トレーニングによって筋力を強化することが、負荷や衝撃をやわらげ、予防することにつながります。

また、スポーツには左右非対称な動きが多くあります。

その動きを続けていくと、特定の筋肉が酷使されたり、筋力のアンバランスが助長されてしまい、それが顕著になるとケガにつながる危険性があります。

背中が丸まっているなどの姿勢の悪さもケガの原因となります。

これらも筋力トレーニングによって過度のアンバランスをさけたり、正しい姿勢を保てるようになることで防ぐことができます。

スポーツのケガでもっとも多いものの1つであるネンザも足首周辺の筋力を強化し、関節の安定性を高めることによりある程度予防できます。

パフォーマンスをあげるだけでなく、ケガしないためにも筋力トレーニング行っていきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-8

    『可動性(MOBILITY)と安定性(STABILITY)』

    身体の効率的な動作には可動性と安定性が必要です。よく聞く柔軟性と可動性は少し異なり、柔軟性は…
  2. 2014-9-27

    副腎皮質ホルモン

    副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  3. 2016-1-8

    筋の粘弾性性質と収縮活動

    筋緊張(トーン【tone】)、もしくは筋張力(テンション【tension】)は生理学的に2つの因子に…
  4. 2015-5-20

    難消化性デンプンとは

    難消化性デンプンとは、レジスタントスターチといい、ヒトの小腸まででは消化されず、大腸に届くでんぷん、…
  5. 2015-11-25

    ラベンダーによるアロマテラピーについて

    アロマテラピーは芳香療法とも呼ばれ、1920年代にフランスの調香師ガットフォッセが作ったとされていま…
ページ上部へ戻る