筋力トレーニングは慢性障害やネンザの予防になる。

より強いパワーやより速いスピードを身につけることだけが、筋力トレーニングの効果ではありません。

筋力トレーニングにはケガを予防するという一面もあります。

スポーツのケガは、大きくわけて2種類あります。

1つは転倒や衝突などによる骨折やネンザのように1回の大きな衝撃によって起こる外傷です。

もう1つは、衝撃が繰り返し加わることなどによって起きる慢性障害です。

いずれも筋力トレーニングによって筋力を強化することが、負荷や衝撃をやわらげ、予防することにつながります。

また、スポーツには左右非対称な動きが多くあります。

その動きを続けていくと、特定の筋肉が酷使されたり、筋力のアンバランスが助長されてしまい、それが顕著になるとケガにつながる危険性があります。

背中が丸まっているなどの姿勢の悪さもケガの原因となります。

これらも筋力トレーニングによって過度のアンバランスをさけたり、正しい姿勢を保てるようになることで防ぐことができます。

スポーツのケガでもっとも多いものの1つであるネンザも足首周辺の筋力を強化し、関節の安定性を高めることによりある程度予防できます。

パフォーマンスをあげるだけでなく、ケガしないためにも筋力トレーニング行っていきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-24

    栄養や日光と関わる障害「くる病」とは

    栄養と健康は大きく関係し合っています。栄養不足だから体調が悪くなる、といったようなものだけで…
  2. 2016-1-16

    中枢神経系と内部モデル

    これまでのさまざまな神経活動の研究から、中枢神経系にはさまざまな感覚受容器配列と対応する内的表現、す…
  3. 2017-4-30

    大きな力を出させない身体のしくみ

    スポーツや生活の中で大きな力を出すことが必要な場面がたくさんあります。その中で身体を守るため…
  4. 2015-12-2

    脂質摂取と代謝

    食物として脂質が摂取されると、小腸上皮から吸収されます。食物中の脂質はほとんど中性脂肪ですが、小…
  5. 2016-2-1

    足関節外側靭帯損傷

    足関節外側靭帯損傷は、スポーツ活動やトレーニング中の発生頻度が最も高いスポーツ傷害で、すべてのスポー…
ページ上部へ戻る