筋力トレーニングと生活サイクル

自分の理想の体を手に入れるため、パフォーマンスを上げるために筋力トレーニングを行いますが、1日のどの時間帯に行うとより効果的なのでしょうか。

朝は神経の働きが活発になっておらず、脳の興奮水準も低くなりがちなため、大きな力を発揮するために適した時間帯とはいえません。

したがって、特別な場合を除き、筋力トレーニングを早朝に行うことは避けたほうが無難です。

朝にトレーニングを行いたい場合は、持久力を高めるランニングなどがおすすめです。

また、スポーツの練習と筋力トレーニングを同じ日に連続して実施する場合は、筋力トレーニングをスポーツの練習の後に行うのが基本となります。

練習の前に行った場合、筋力トレーニングの疲労により、練習中の姿勢やフォームが崩れてしまうことがあるので注意しましょう。

生活スタイルを考えるうえで、睡眠はとても重要になります。

筋肉の発達には、成長ホルモンが大きな役割を果しています。
その成長ホルモンは筋力トレーニングから約15分~30分が経過した頃に多量に分泌されることが知られています。

睡眠にも関係があり、眠りについてから約30分~1時間後に活発に分泌されます。

また、筋力トレーニングの効果を上げるために、毎日規則正しく就寝し、十分な睡眠時間を確保することが大切です。

就寝する30~60分前にたんぱく質を豊富に含む食品やサプリメントを胃腸に負担がかからない範囲でとっておくことも筋肉づくりには有効になると考えられています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  2. 2015-2-15

    冬のほうが代謝が高いのはなぜ?

    ほとんど多くの人にとって寒いより暖かいほうが良いでしょうが、代謝という点で考えると実は寒いほうが良か…
  3. 2016-5-23

    距骨下関節の適合と不適合

    距骨下関節には関節の適合肢位が1つだけ存在します。それは中間位で、このとき足部は距骨に対し真…
  4. 2015-4-14

    神経系とは

    神経系は、末梢からの刺激を受け取り、これに対して興奮を起こす中枢神経系と、刺激や興奮を伝導する末梢神…
  5. 2014-9-27

    もうひとつの脂肪細胞「褐色脂肪細胞」

    人間は、体温を一定に保つ恒温動物です。ヒトは寒いと感じると、身体に溜めたエネルギーを燃やし、…
ページ上部へ戻る