お茶の効能とは

烏龍茶、紅茶、緑茶は製造工程に違いがあるものの、同じチャノキの茶葉を使用するため、基本的成分が似ており、タンパク質、食物繊維、苦味の成分であるカフェイン、渋みの成分であるカテキン、旨味の成分であるアミノ酸、その他ビタミン、フラボノイド、微量金属などが含まれています。

カテキンは水溶性の多価ポリフェノールで、緑茶や烏龍茶の苦味成分ですが、 発酵過程を経ると含量が著しく低下します。

発酵過程を経ない緑茶はカテキンを豊富に含み、乾燥茶葉にして10〜20%も含まれています。

エピガロカテキンガレートは緑茶カテキンの半分を占める緑茶特有のカテキンで、その他のお茶に含まれるカテキンよりもコレステロール低下作用、抗がん作用、動脈硬化抑制などの健康増進作用が強いことが特徴で、しかも茶葉以外では見つかっていないことから、他の食品では代用ができないカテキンとなります。

カテキンの吸収率はさほどよくありません。

エピカテキンで31%、エピガロカテキンは14%、エピガロカテキンガレートに至ってはわずか0.1%です。

つまり、エピガロカテキンガレートは健康に良く、緑茶に豊富に含まれてはいるものの、何らかの工夫をして大量に摂取しなければ大きな効果は期待できないということです。

紅茶にもポリフェノールの一種であるテアフラビンと呼ばれる独特の成分が含まれています。

テアフラビンは紅茶の赤い色の成分であると同時に、紅茶のさまざまな生理活性を生み出します。

テアフラビンはもともと茶葉に存在する成分ではなく、発酵の過程で2つのカテキンが複雑に結合することによって作り出されます。

紅茶ポリフェノールも強い抗酸化力をもっており、それに由来して動脈硬化の抑制や酸化的なDNA損傷抑制作用をもっています。

烏龍茶は発酵しない緑茶と発酵した紅茶の中間にあたります。

この製造方法によって、烏龍茶独特の機能性成分である烏龍茶重合ポリフェノールが茶葉の中に作り出されます。

烏龍茶重合ポリフェノールは、脂肪の分解・吸収に関わる消化酵素である膵リパーゼを阻害し、吸収させる脂肪の量を減らすという働きをします。

烏龍茶重合ポリフェノールは、少ない量でも強力に力を発揮すると言われています。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-28

    平衡感覚を司る前庭器

    身体のバランスを保ち、身体運動を行うことの基礎となる感覚を平衡感覚と言います。それを司る前庭…
  2. 2016-12-10

    トレーニングを行うときの3つの筋反射

    身体の可動域をあげる為などトレーニングをする時に起こりえる筋反射が3つあります。それは、「伸…
  3. 2016-1-11

    単純な行動も脳のさまざまな部位によって制御されている。

    単純な反射反応から複雑な精神活動まで、すべての行動は適切に相互されたニューロン間に起こるシグナル伝達…
  4. 2015-9-4

    作業能率的・美学的視点から考える姿勢

    姿勢の良し悪しは、どのような視点でみるのかによって異なります。作業能率と美学的な視点からもみ…
  5. 2017-3-18

    バランスエクササイズの効果

    バランス能力に影響を及ぼす因子として、下肢筋力、年齢、足関節や股関節の柔軟性などがあげられ、特に60…
ページ上部へ戻る