筋肉トレーニングをスポーツで活かすために

スポーツのパフォーマンスをアップするためには、スポーツの動きを再現した専門的トレーニングを行っていくことも必要です。

例えば、ベンチプレスを行って、持ち上げられる重量がアップしても、それが必ずしもスポーツのプレーの質の向上につながるとは限りません。

その理由としては、プレーと関連のあるトレーニングとの組み合わせがうまくいっていない可能性があります。

そうならないためにも、まずはしっかりとした目標を設定することが大切です。

例えば、バレーボールであれば、スパイクの威力を高めるといった具体的な目標が必要になります。

そして、そのための手段として、筋力が十分でない選手ではベンチプレスのような基礎的なトレーニングが必要になります
ここで重要なのは、基礎的トレーニングによって個々の部位の筋力をアップさせたら、次にそれを具体的なスパイクの威力をあげるという目標へとつなげるために、専門的トレーニングによって各動作のパフォーマンスアップへと転化することが必要になります。

専門的トレーニングはスポーツの動きと関連の深い動作や条件で行われるため、スポーツのパフォーマンスアップへの即効性が期待できます。

その反面効果が頭打ちになりやすい傾向があります。

そこで基礎的トレーニングを行い、体力の基盤をつくっていくことが必要になります。

すなわち、基礎的トレーニングと専門的トレーニングをうまく組み合わせていくことが重要になるのです。

部活動などで技術練習や戦術の練習だけでなく、基礎体力も高めながらパフォーマンスアップにつなげましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-11

    顎関節ストレスと姿勢

    筋解剖学に基づくと、頭部の位置が下顎の安静位置に影響を及ぼすと考えることは容易なものです。た…
  2. 2015-7-15

    温度不耐性について

    外傷によって神経が傷ついたあとにみられる神経障害性疼痛や、腰痛、関節痛などの慢性痛では環境温度の変化…
  3. 2015-7-4

    免疫システムの防衛基地「リンパ節」とT細胞

    T細胞がリンパ節の中で病原体をみつけだして活性化すると、T細胞はパトロール経路を修正する。このパ…
  4. 2015-8-21

    筋紡錘とゴルジ腱器官

    筋紡錘は最も複雑な感覚受容器であり、知覚部分と収縮部分からなり、筋線維と一緒に引き伸ばされるように筋…
  5. 2017-3-2

    回転動作の作用・反作用

    カラダのある部分で1つの運動が生じると、それと反対方向の運動が起こって全体のバランスがとれるという現…
ページ上部へ戻る