筋肉トレーニングをスポーツで活かすために

スポーツのパフォーマンスをアップするためには、スポーツの動きを再現した専門的トレーニングを行っていくことも必要です。

例えば、ベンチプレスを行って、持ち上げられる重量がアップしても、それが必ずしもスポーツのプレーの質の向上につながるとは限りません。

その理由としては、プレーと関連のあるトレーニングとの組み合わせがうまくいっていない可能性があります。

そうならないためにも、まずはしっかりとした目標を設定することが大切です。

例えば、バレーボールであれば、スパイクの威力を高めるといった具体的な目標が必要になります。

そして、そのための手段として、筋力が十分でない選手ではベンチプレスのような基礎的なトレーニングが必要になります
ここで重要なのは、基礎的トレーニングによって個々の部位の筋力をアップさせたら、次にそれを具体的なスパイクの威力をあげるという目標へとつなげるために、専門的トレーニングによって各動作のパフォーマンスアップへと転化することが必要になります。

専門的トレーニングはスポーツの動きと関連の深い動作や条件で行われるため、スポーツのパフォーマンスアップへの即効性が期待できます。

その反面効果が頭打ちになりやすい傾向があります。

そこで基礎的トレーニングを行い、体力の基盤をつくっていくことが必要になります。

すなわち、基礎的トレーニングと専門的トレーニングをうまく組み合わせていくことが重要になるのです。

部活動などで技術練習や戦術の練習だけでなく、基礎体力も高めながらパフォーマンスアップにつなげましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-4

    反射神経とは

    競技によっても様々ですが、アスリートたちの反応の速い動きをみてると驚かされるばかりです。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-4-6

    ウィルチェアラグビー

    皆さん、ウィルチェアラグビーはご存知ですか?https://www.youtube.com/…
  2. 2015-8-9

    大脳と随意運動

    連合野には前頭連合野、頭頂連合野、側頭連合野があります。視覚、体性感覚、前庭・迷路感覚からの…
  3. 2015-3-30

    意外と身近な「ペットボトル症候群」とは?

    季節的に暖かくなるにつれて水分摂取の量が増えていきますが、ジュースをよく飲む方にとっては注意すべきこ…
  4. 2015-6-9

    内側運動制御系と外側運動制御系

    運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。…
  5. 2015-4-18

    さまざまな輸送の仕組み

    我々の体にはさまざまな輸送の仕組みが備わっている。消化管での栄養素の輸送、血管壁を通じた栄養…
ページ上部へ戻る