滑膜性の連結(狭義の関節)は両骨間に滑液を満たす関節腔のある連結で、一般に可動性が大きい。

いわゆる関節は関節面、関節体、関節包および関節体の間にある関節腔。
さらに必要に応じて補強靱帯、関節円板、関節唇および滑液包もみられる。

2つの関節体からなる関節では、動く方の関節体を可動部、比較的静止している方を基部という。

関節腔の内面に滑膜と呼ばれる組織がある。(恥骨結合のように骨間組織に空隙を含み得る連結でも滑膜を備えないものはこの分類には入らない)
滑膜性関節は連結系の中で運動性が最も大きい。

関節の語を狭義に用いるとき、しばしば滑膜性の連結のみを指す。

関節は老人性変化を受け、血管のない関節軟骨はその弾力性を失う。
老人では軟骨におおわれた関節面に障害や退縮がみられる。
また軟骨縁には増殖が起こってくる場合もある。
この軟骨の増殖は後に遊走してきた骨芽細胞によって骨に改造されることもあり、この骨が運動を制限するように作用するこのような過程は椎骨の小さな関節で起こりやすい。

しかし関節の変化はその関節が過度の働きを強いられるときには、若年者においても現れることがある。

臨床上、これらすべての可動関節の運動範囲をよく確かめることが大切である。
関節をなす骨が正常な位置からはずれているとき、その関節は脱臼dislocateしているという。

可動関節のうちのあるものは、靱帯による補強が弱いか、関節面の形が悪いか、あるいは筋による補強がないために、とくに脱臼しやすい。
肩関節、顎関節、肩鎖関節はその好例である。
股関節の脱臼は通常は先天的異常によるもので、正常状態では大腿骨頭を定位置に保持するはずの寛骨臼が不十分な発育を示している。
膝関節のごとく体重の大部分を支える関節の内部に軟骨性の円板が存在する場合には、スポーツを行うときのその円板が損傷を受けやすい。

このように各関節の特徴を把握していくことは非常に重要である。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-11

    筋力の増加でスピードを上げる

    筋力を上げてスピードがあがるのかを考えたときに、筋力があがると体重が増えるため遅くなるイメージをもた…
  2. 2015-9-1

    コンパートメント症候群の急性症状と慢性症状

    コンパートメント症候群は、コンパートメント内の圧力が局所の動脈圧を超えた状態で発生し、筋および神経の…
  3. 2015-1-9

    PRI(Postural Restoration Institute)を考える

    全身のバランスを考えるときに体は左右対称にすべきなのか。それとも、もともとが左右対称でないので、…
  4. 2015-2-23

    「不定愁訴」に気をつけましょう。

    現代では、「身体がだるい」、「頭が重い」、「イライラする」、「疲労感が取れない」など、「なんとなく体…
  5. 2015-6-26

    アスリートの為のプロテイン摂取

    プロテインと聞くと、「筋肉増強剤」などのイメージが強い方もいらっしゃると思いますが、ビタミンやミネラ…
ページ上部へ戻る