体を正しく動かすために

トレーニングやスポーツ競技を行ううえで炎症が起こることがあります。

野球でヒジや肩などの障害は、特定の箇所を使いすぎたことが原因の全てではありません。

正しい体の動きが出来ていないことから、特定の箇所に過度な負担がかかってしまうということも原因の1つになります。

原則的に人間の体は正しく動いている限り壊れません。

しかし、筋力や柔軟性、体の成長の変化などが原因で、正しい体の動きができなくなるのです。

動きの1つが狂えば、人間の体は無意識に正しい動きに戻そうという働きをします。

こうして関節や骨、筋肉などに過度な負担がかかりケガにつながってしまうのです。

そのケガをする箇所としては、最後の帳尻あわせの部分で一番無理がかかります。

投球の動作では、初動で軸がぶれないように脚をあげます。

その脚を踏み出したあとに体重移動を行い、自分の体重を支えながら最後にヒジをのばします。

投球の動作では、最後の帳尻あわせでヒジや肩に無理がかかるのです。

そのため、トレーニングを通して、関節や体幹などが持つ本来の動きを身につける必要があるのです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-28

    平衡感覚を司る前庭器

    身体のバランスを保ち、身体運動を行うことの基礎となる感覚を平衡感覚と言います。それを司る前庭…
  2. 2017-2-25

    対空時間と接地時間がバネの大きさを決める

    素晴らしいジャンプをするバレーボール選手や、一瞬のダイナミックな動きをするスポーツ選手について、あの…
  3. 2014-11-26

    人間は・・・チクワ!?

    人は生きるために食事を取るわけですが、その食物はそのままの形で体内に入るわけではありません。…
  4. 2015-1-19

    当たり前ですが運動効果を得るには運動をしなければなりません。

    運動をするのは楽しいことですが、同時にきつさ、つらさというのも味わうことになります。もち…
  5. 2014-12-24

    筋力トレーニングのタイミング

    今日はトレーニングの順番と効果についてです。① 【有酸素性運動後の筋肉トレーニング】…
ページ上部へ戻る