体を正しく動かすために

トレーニングやスポーツ競技を行ううえで炎症が起こることがあります。

野球でヒジや肩などの障害は、特定の箇所を使いすぎたことが原因の全てではありません。

正しい体の動きが出来ていないことから、特定の箇所に過度な負担がかかってしまうということも原因の1つになります。

原則的に人間の体は正しく動いている限り壊れません。

しかし、筋力や柔軟性、体の成長の変化などが原因で、正しい体の動きができなくなるのです。

動きの1つが狂えば、人間の体は無意識に正しい動きに戻そうという働きをします。

こうして関節や骨、筋肉などに過度な負担がかかりケガにつながってしまうのです。

そのケガをする箇所としては、最後の帳尻あわせの部分で一番無理がかかります。

投球の動作では、初動で軸がぶれないように脚をあげます。

その脚を踏み出したあとに体重移動を行い、自分の体重を支えながら最後にヒジをのばします。

投球の動作では、最後の帳尻あわせでヒジや肩に無理がかかるのです。

そのため、トレーニングを通して、関節や体幹などが持つ本来の動きを身につける必要があるのです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-4-10

    運動学習とフィッツの三相説

    人間発達は遺伝と環境、あるいは成熟と学習の相互作用という視点から理解されてきています。中枢神…
  2. 2015-5-3

    呼吸運動の観察と触察

    近年、呼吸運動の機能評価が、スポーツパフォーマンスにおいても非常に重要視される傾向にあります。そ…
  3. 2017-3-27

    筋トレで効果が出ない時の克服方法

    初心者がトレーニングを開始すると最初の数ヶ月は、使用する重量や反復回数が目覚しく向上していきます。…
  4. 2015-9-2

    さまざまな視点でみた「よい姿勢」

    よい姿勢、わるい姿勢を判断する基準は、どのような視点でみるのかによって異なります。力学的には…
  5. 2015-3-31

    sensori-motor integration

    我々が自由に身体を移動させ、手でものをつかみ、投げ、道具を作り、操ることができるのは、全身に備わって…
ページ上部へ戻る