体を正しく動かすために

トレーニングやスポーツ競技を行ううえで炎症が起こることがあります。

野球でヒジや肩などの障害は、特定の箇所を使いすぎたことが原因の全てではありません。

正しい体の動きが出来ていないことから、特定の箇所に過度な負担がかかってしまうということも原因の1つになります。

原則的に人間の体は正しく動いている限り壊れません。

しかし、筋力や柔軟性、体の成長の変化などが原因で、正しい体の動きができなくなるのです。

動きの1つが狂えば、人間の体は無意識に正しい動きに戻そうという働きをします。

こうして関節や骨、筋肉などに過度な負担がかかりケガにつながってしまうのです。

そのケガをする箇所としては、最後の帳尻あわせの部分で一番無理がかかります。

投球の動作では、初動で軸がぶれないように脚をあげます。

その脚を踏み出したあとに体重移動を行い、自分の体重を支えながら最後にヒジをのばします。

投球の動作では、最後の帳尻あわせでヒジや肩に無理がかかるのです。

そのため、トレーニングを通して、関節や体幹などが持つ本来の動きを身につける必要があるのです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-10-24

    別腹ってホントにあるの?

    「別腹」って本当にあるのと思ったことありませんか?甘いものは「別腹」などと言われることがあり…
  2. 2015-11-11

    股関節にある二関節筋に対するストレッチの有効性

    臨床家は、筋骨格系の治療と予防に筋のストレッチングをよく用います。股関節の二関節筋、とくにハ…
  3. 2015-1-15

    相撲における『股割り』『腰割り』の重要性

    相撲での柔軟性というと、180度脚を広げて胸を地面につける「股割り」が真っ先に思い浮かぶ、それは、相…
  4. 2016-1-23

    アクティブタッチとは

    私たちは、そこにあるモノが何かを知ろうとするときには、手や指を自由に動かし、それに触ることで判断して…
  5. 2015-5-17

    体温と代謝

    私たちの体温は通常37℃前後に一定に保たれています。これを内温性といいます。これに対…
ページ上部へ戻る