デッドリフトについて

身体のバランスを維持する体幹部、特に背筋群の強化する代表的なトレーニングです。

脊柱起立筋群を中心に、僧帽筋・大臀筋・ハムストリングスの強化に効果があります。

特に脊柱起立筋群は姿勢の保持や、上体をのけ反ったり、横に倒すなど、全身で行う動作の際に重要な筋群で、これらを鍛えることは、スポーツ運動だけではなく、日常生活においても重要になってきます。

デッドリフトは、バーベルやダンベルを持ち、上体を起こす背筋の力で引き上げます。

手順としては、まず正面を向いて、胸を張り、背筋群を緊張させた上体から膝を曲げ、腰を落としてシャフトを握ります。

そして、股関節・膝関節を伸展させてバーベルを引き上げます。

グリップの幅や両足間の幅によって、負荷の度合いや、各筋群の関与によって度合いが変わってくるので、目的に合わせたものを選ぶことが必要になってきます。

体幹部の筋群は、骨や関節、他の筋群と複雑なバランスを保っているため、正しいフォームでトレーニングを行わないと、他の部位に影響を与える可能性があります。

デッドリフトが目標とする筋群は、背骨・骨盤にわたって、身体の重要な役割を担う部位なので、正しい姿勢で行うことを、まず第1に考えなくてはいけません。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-9-4

    胸椎のアライメント

    上半身の動きで重要となる『胸椎のアライメント』。非対称的な日常動作など何らかの原因で、胸…
  2. 2016-4-10

    運動学習とフィッツの三相説

    人間発達は遺伝と環境、あるいは成熟と学習の相互作用という視点から理解されてきています。中枢神…
  3. 2015-1-16

    水素イオン濃度指数

    マッサージにはいろいろな効果があります。その中でも、今回は『筋疲労回復の効果』についてです。…
  4. 2015-12-19

    視交叉上核と時差ボケの発生機序

    時差症候群あるいは時差ボケは、時差のある地域をジェット機で移動した際に生じる環境のリズムと体内のリズ…
  5. 2015-12-6

    音楽の嗜好性

    人はそれぞれさまざまな好みをもちます。音楽も例外ではありません。一口に音楽の好みとい…
ページ上部へ戻る