デッドリフトについて

身体のバランスを維持する体幹部、特に背筋群の強化する代表的なトレーニングです。

脊柱起立筋群を中心に、僧帽筋・大臀筋・ハムストリングスの強化に効果があります。

特に脊柱起立筋群は姿勢の保持や、上体をのけ反ったり、横に倒すなど、全身で行う動作の際に重要な筋群で、これらを鍛えることは、スポーツ運動だけではなく、日常生活においても重要になってきます。

デッドリフトは、バーベルやダンベルを持ち、上体を起こす背筋の力で引き上げます。

手順としては、まず正面を向いて、胸を張り、背筋群を緊張させた上体から膝を曲げ、腰を落としてシャフトを握ります。

そして、股関節・膝関節を伸展させてバーベルを引き上げます。

グリップの幅や両足間の幅によって、負荷の度合いや、各筋群の関与によって度合いが変わってくるので、目的に合わせたものを選ぶことが必要になってきます。

体幹部の筋群は、骨や関節、他の筋群と複雑なバランスを保っているため、正しいフォームでトレーニングを行わないと、他の部位に影響を与える可能性があります。

デッドリフトが目標とする筋群は、背骨・骨盤にわたって、身体の重要な役割を担う部位なので、正しい姿勢で行うことを、まず第1に考えなくてはいけません。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-3-26

    脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンの違い

    ビタミンはこれまでに13種類見つかっています。それらは油に溶けやすい脂溶性ビタミンと水に溶け…
  2. 2015-11-20

    筋線維の発生と機能構造

    筋は形態的かつ生理的な違いから横紋筋、心筋、平滑筋に分類されます。横紋筋の大部分は骨に付着し関節…
  3. 2014-11-28

    エネルギー不足時の糖代謝

    エネルギー不足時には、肝臓でグリコーゲンを分解したり、筋肉から放出されるアミノ酸から糖新生をして、グ…
  4. 2015-9-2

    脊柱のカップリングモーションと歩行

    脊柱にはカップリングモーションという機構があります。これは脊柱の動きは、カップル(二つ一…
  5. 2014-10-17

    食欲を考える!

    最近、肌寒くなってきて「秋」らしくなってきましたね。秋といえば「食欲の秋」ですね!皆さん食べ過ぎ…
ページ上部へ戻る