筋収縮について

脳からの指令が生じると、筋原繊維の内部にある筋節内の細いアクチンフィラメントが太いアクチンフィラメントに滑りこむように動くことで、収縮が起こり筋原繊維が太く短くなります。

これが筋収縮のメカニズムになります。

筋収縮はその活動様式により、等尺性収縮と等張性収縮に分けられます。

等尺性収縮とは、筋肉が長さを変えずに力を発揮する場合で、例えば壁を押す時のように、動かないものに対して力を発揮している状態にあたります。

一方、等張性収縮とは、バーベルを持って肘の曲げ伸ばしを行う時のように、筋肉がその長さを変えながら力を発揮する場合の呼び方になります。

さらに等張性収縮のの中で、筋肉が短くなりながら力を発揮する場合を短縮性収縮、筋肉が伸ばされながら、力を発揮する場合を伸張性収縮と呼びます。

その他、トレーニング・マシーンなど、一定の速度で動くものに対して筋肉が一定の速度で収縮しながら力を発揮する場合を等速性収縮と呼びます。

これは、等張性収縮の仲間と言えますが、等速度という特殊な条件のもとで筋収縮が行われるため、等張性収縮とは区別して扱われています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-4-10

    筋肥大を促すオールアウト

    筋肉肥大のためには、筋肉運動を限界と思われるまで繰り返すのが基本です。最終的にこれ以上動かす…
  2. 2014-11-28

    エネルギー不足時の糖代謝

    エネルギー不足時には、肝臓でグリコーゲンを分解したり、筋肉から放出されるアミノ酸から糖新生をして、グ…
  3. 2015-11-11

    股関節にある二関節筋に対するストレッチの有効性

    臨床家は、筋骨格系の治療と予防に筋のストレッチングをよく用います。股関節の二関節筋、とくにハ…
  4. 2015-2-4

    トレーニングの方法

    トレーニングの方法にはいくつか種類がありますが、それぞれにはそれぞれの良さがあり、どれも特徴が違いま…
  5. 2015-10-1

    腱の生理学的機能

    腱の多様な力学的および生理学的特性について考えてみるといくつかの主要な機能が見えてきます。ま…
ページ上部へ戻る