筋収縮について

脳からの指令が生じると、筋原繊維の内部にある筋節内の細いアクチンフィラメントが太いアクチンフィラメントに滑りこむように動くことで、収縮が起こり筋原繊維が太く短くなります。

これが筋収縮のメカニズムになります。

筋収縮はその活動様式により、等尺性収縮と等張性収縮に分けられます。

等尺性収縮とは、筋肉が長さを変えずに力を発揮する場合で、例えば壁を押す時のように、動かないものに対して力を発揮している状態にあたります。

一方、等張性収縮とは、バーベルを持って肘の曲げ伸ばしを行う時のように、筋肉がその長さを変えながら力を発揮する場合の呼び方になります。

さらに等張性収縮のの中で、筋肉が短くなりながら力を発揮する場合を短縮性収縮、筋肉が伸ばされながら、力を発揮する場合を伸張性収縮と呼びます。

その他、トレーニング・マシーンなど、一定の速度で動くものに対して筋肉が一定の速度で収縮しながら力を発揮する場合を等速性収縮と呼びます。

これは、等張性収縮の仲間と言えますが、等速度という特殊な条件のもとで筋収縮が行われるため、等張性収縮とは区別して扱われています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-11-25

    ラベンダーによるアロマテラピーについて

    アロマテラピーは芳香療法とも呼ばれ、1920年代にフランスの調香師ガットフォッセが作ったとされていま…
  2. 2015-12-16

    アルコールとタバコ依存

    糖や脂肪のようにエネルギー源になるわけでもないのに、ヒトがついついはまってしまう嗜好品というものがあ…
  3. 2017-5-15

    暑熱順化と運動トレーニングの影響

    私たちが運動トレーニングを続けたり、暑熱環境にたびたびさらされると、深部体温や皮膚温が上昇して発汗す…
  4. 2016-2-13

    体重の構成要素

    体重の構成要素には、①脂肪量(脂肪組織および他の組織中に含まれるすべての脂肪)②除脂肪量(水…
  5. 2016-2-11

    IAP(腹腔内圧)の上昇能と動的制御・パフォーマンスアップ

    体幹は身体質量の約65%を占めドロップジャンプ動作の着地局面における体幹の慣性モーメントは下肢の慣性…
ページ上部へ戻る