筋肥大を促すホルモンを分泌するために

筋肥大を促す代表的な物質には、成長ホルモン、テストステロン、インスリン様成長因子ーⅠなどがあります。

これらのホルモンや成長因子を上手に操ることが筋肉を肥大させるポイントの1つになります。

これは、筋トレのやり方によって分泌量が増減します。

同じ重さ、同じ回数、同じセット数であっても、セット間インターバルが違うだけで分泌量に差が出てきます。

筋肉を肥大させるには、ある程度仕事量が必要です。

たとえば、100㌔のバーベルを1回だけ持ち上げられる人の場合、100㌔でトレーニングをすると1セットあたり、100×1=100㌔が限界です。

しかし、75㌔なら10回あげられるとすると、75×10=750㌔となり、7.5倍の仕事量になります。

筋肥大の効果は、こちらの方が大きくなります。

一部位に対するセット数は、最低でも3セットおこないます。

上級者になると、種目をかえながら15セット以上おこなうこともあります。

初心者の場合は3~5セットを目安にしましょう。

また、セット間インターバルもホルモン分泌を考える上で非常に大切です。

ホルモン分泌を増や筋肥大を促したいのであれば、インターバルは60秒でおこなうことがおすすめです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-14

    野生動物から考えるヒトの運動と栄養と休養

    野生の動物は、生命維持に必要なエネルギーを獲得するため、狩りという運動を行い、その結果、食事にありつ…
  2. 2014-9-27

    脳の細胞

    脳には、神経細胞(ニューロン)とグリア細胞があり、脳の活動の主役は神経細胞になります。グリア…
  3. 2014-10-1

    ラテラリィ『利き○○』の存在

    人には利き手が存在し、上手に扱える手と、扱えない手があります。このような身体上の「利き○○」…
  4. 2015-5-7

    食事の摂取に関するポイント

    カロリーや栄養バランスを管理することも、体重の増減や生活習慣病などに関わってくるので、食事の習慣とし…
  5. 2015-6-3

    生体の階層性について

    どんな生物でも、簡単か複雑かの違いはあるにしろ、それぞれの機能に応じた構造が対応しています。…
ページ上部へ戻る