筋肥大を促すホルモンを分泌するために

筋肥大を促す代表的な物質には、成長ホルモン、テストステロン、インスリン様成長因子ーⅠなどがあります。

これらのホルモンや成長因子を上手に操ることが筋肉を肥大させるポイントの1つになります。

これは、筋トレのやり方によって分泌量が増減します。

同じ重さ、同じ回数、同じセット数であっても、セット間インターバルが違うだけで分泌量に差が出てきます。

筋肉を肥大させるには、ある程度仕事量が必要です。

たとえば、100㌔のバーベルを1回だけ持ち上げられる人の場合、100㌔でトレーニングをすると1セットあたり、100×1=100㌔が限界です。

しかし、75㌔なら10回あげられるとすると、75×10=750㌔となり、7.5倍の仕事量になります。

筋肥大の効果は、こちらの方が大きくなります。

一部位に対するセット数は、最低でも3セットおこないます。

上級者になると、種目をかえながら15セット以上おこなうこともあります。

初心者の場合は3~5セットを目安にしましょう。

また、セット間インターバルもホルモン分泌を考える上で非常に大切です。

ホルモン分泌を増や筋肥大を促したいのであれば、インターバルは60秒でおこなうことがおすすめです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-16

    コリン作動性ニューロン

    アセチルコリン acetylcholine (Ach) を神経伝達物質とするニューロンをコリン作動性…
  2. 2015-6-5

    腰椎分離症とは…

    背骨は、S字状の構造を持っていて上半身の重さと、着地した時の地面からの衝撃を分散…
  3. 2015-12-12

    身体活動は運動単位の性質を変えうる

    習慣的な身体活動レベルの変化は、運動単位の収縮の3つの性質、すなわち収縮速度、最大張力、疲労性に影響…
  4. 2015-11-6

    運動時の循環血液量調節機構

    運動中には、運動強度に応じて心拍出量は増し、かつ活動筋に大量に血液が流れるようにその部位の血管は拡張…
  5. 2015-5-3

    呼吸運動の観察と触察

    近年、呼吸運動の機能評価が、スポーツパフォーマンスにおいても非常に重要視される傾向にあります。そ…
ページ上部へ戻る