スポーツ活動中に、肉離れや捻挫または骨折などのスポーツ外傷が発生した時は、現場で行う基本的な処置をRICEと言います。

Rest(安静)Ice(冷却)Conpression(圧迫)Elevation(挙上)の頭文字を並べた言葉で、ほとんどのスポーツ外傷に適用できます。

外傷発生時には、怪我の状態を確認せず運動を続けるのは避けなければいけません。

損傷部位を動かすことによって、腫れや内出血などが増してしまい、機能障害が生じる恐れがあるため、早期にRICE処置を行い、損傷部位の炎症や二次的な損傷を防ぐことが重要になってきて、この処置の有無が怪我の回復に大きく関わります。

まずは、速やかに試合や練習を一時中断して、安静をとることです。

次に患部の熱感や腫れを最小限に抑えるために弾力包帯などを用いて患部の圧迫を行います。

さらに、受傷した部位を心臓よりも高く挙上することにより腫れの悪化を防ぐことができます。

ただし、RICEはあくまで応急処置になりますので、その後できるだけ早期にスポーツ専門医を受診することが望ましいです。

またトレーニング中に怪我をしたり痛みを感じた場合も、直ちにトレーニングを中断してRICE処置を行い、以後のトレーニングも中止することが望ましいです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-9

    マウスピースの効果

    最近、ボクシングやアメフトなどのスポーツ以外のアスリートでもマウスピースを着けている人が多く見られる…
  2. 2015-1-9

    PRI(Postural Restoration Institute)を考える

    全身のバランスを考えるときに体は左右対称にすべきなのか。それとも、もともとが左右対称でないので、…
  3. 2017-5-6

    足裏チェックして姿勢を改善

    姿勢をただしてくださいと言われると、多くの人は背中を意識して背筋をピンと伸ばそうとすると思います。…
  4. 2015-9-21

    身体動揺と防御反応

    人間が立位姿勢を保持している時、突然、床面が水平に移動したり、肩甲帯や骨盤帯を押されると、重心線は安…
  5. 2015-4-25

    食事と咀嚼

    食べるということは、生きるため健康のためにはとても重要な事になります。食べるときは、歯だけで…
ページ上部へ戻る