スポーツ活動中に、肉離れや捻挫または骨折などのスポーツ外傷が発生した時は、現場で行う基本的な処置をRICEと言います。

Rest(安静)Ice(冷却)Conpression(圧迫)Elevation(挙上)の頭文字を並べた言葉で、ほとんどのスポーツ外傷に適用できます。

外傷発生時には、怪我の状態を確認せず運動を続けるのは避けなければいけません。

損傷部位を動かすことによって、腫れや内出血などが増してしまい、機能障害が生じる恐れがあるため、早期にRICE処置を行い、損傷部位の炎症や二次的な損傷を防ぐことが重要になってきて、この処置の有無が怪我の回復に大きく関わります。

まずは、速やかに試合や練習を一時中断して、安静をとることです。

次に患部の熱感や腫れを最小限に抑えるために弾力包帯などを用いて患部の圧迫を行います。

さらに、受傷した部位を心臓よりも高く挙上することにより腫れの悪化を防ぐことができます。

ただし、RICEはあくまで応急処置になりますので、その後できるだけ早期にスポーツ専門医を受診することが望ましいです。

またトレーニング中に怪我をしたり痛みを感じた場合も、直ちにトレーニングを中断してRICE処置を行い、以後のトレーニングも中止することが望ましいです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-26

    喫煙と栄養学の関係

    タバコを吸うことによって、ニコチンなどの有害物質が体内に侵入してきます。喫煙によって体にもた…
  2. 2017-3-21

    持続トレーニングとインターバルトレーニング

    中強度あるいはそれ以上の運動強度の運動を長時間持続いて行うものを、持続トレーニングといいます。…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2015-9-9

    筋の緊張の調整

    筋緊張とは、広義には安静時における筋の活動状態を示すとともに、運動時の筋活動によって筋張力が発生し、…
  5. 2015-3-9

    タンパク質のネットバランスとは?

    糖質は運動中の最も重要なエネルギー源になります。たとえばアスリートは試合前の夕食に高糖質…
ページ上部へ戻る