性格と自己認知

性格はその人そのものを言い表す言葉ですが、よく考えてみると、性格とは、人が自分や他人をどのようにみているかというプロセスに過ぎません。

日常生活では、自分は内向的であるとか、あの人は明るいであるとか、ごくありふれた認知として経験しています。

そこでは性格は固定されたものではなく、どうみているかという動的なプロセスにすぎないように思われます。

このような認知論的な立場からすれば、まず自分をどのようにみているかが軸になって認知が成り立っているようです。

この自己認知が歪んていると、本人がうまく環境に適応できないばかりか、他人に対しても間違った認知をしてしまいます。

この自己認知ができあがるメカニズムについて、3つの有力な説があります。

1つは、鏡映的自己といい、個人がもつ自己像は自分の容姿や性格が他人にどう映っているかを想像したものであり、それをもとにして自分の性格の認知ができあがるというものです。

これは生後間もないころに自分を客観視するようになることから徐々にできあがっていくと言われています。

例えば、鏡に映った自分が自分であることが分かるまでにはさまざまな反応が見られます。

この段階は、まだ身体についての認知ですが、青年期に入れば内省的になり、自分の性格についても他人の目を介して客観視するようになります。

2つ目は、役割認知といい、自分に与えられた役割に合った行動を学びとり、他人からも認められる、あるべき自分ができあがるというものです。

これは理想的自己ですが、他方では現実自己とのズレも気になるようになります。

3つ目は、社会的比較過程といい、人は自分と他人を比較しており、その結果としてそれぞれに自己像を作り上げていくものであるというものです。

この比較過程を通してできあがる自尊心も、自分の性格の認知に影響します。

自尊心の高くなると、自己評定と他者評定の差が大きくなり、自尊心が高すぎるためん、現実の自己に満足できず、自分の性格を不当に低くみてしまいます。

いずれの説に従っても、自己認知は他者との関わりを通して成立することが分かります。

そしてそこでは、自己認知とともに他者認知も同時に成立します。

正確についても、その人はその人なりの見方に基づいて、他者の性格を認知します。

しかしこの見方はその人の過去経験に基づくものであるため、誤った主観的な認知をもたらすことがあります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-16

    体力を維持するコツ

    学生の部活動以来で運動をやって身体が動かなくてだめだったという経験がある方もいるでしょう。長…
  2. 2015-10-17

    ポッピングサルコメア仮説とは

    オーストラリアの電気技師David Morganは、遠心性収縮に伴う筋損傷について、損傷をもたらすの…
  3. 2015-3-25

    トリグリセリドの分解

    体脂肪、すなわち中性脂肪は英語で「トリグリセリド」と言います。ある一定以上の運動をすると脳か…
  4. 2017-1-18

    運動頻度

    運動頻度とは、週当たり、1日あたりのトレーニング回数のことです。運動頻度は、運動強度と運動時…
  5. 2015-10-10

    相反性抑制と反回抑制

    関節には、反対方向へ引き合う複数の筋群が対となって付着します。例えば、肘関節を伸ばす上腕三頭…
ページ上部へ戻る