ケトルベルで筋肉のバランスを整える

ケトルベルはダンベルやバーベルとは違い重量が一方向に偏っています。

この特徴により、身体に高負荷をかけることができますし、そのアンバランスな重さを利用したストレッチ効果もあります。

トレーニングの目的が、筋肉に効かせるという目的であればバーベルや自重トレーニングのほうが有利になる場合もあります。

しかし、ウエイトトレーニングなどの一般的な筋肉トレーニングでは、鍛えたい部分が偏る傾向があります。

もし鍛え方が偏ってしまうと、かえって身体に悪影響を及ぼし、痛みや不調の原因になることがあります。

一般的なトレーニングで偏って鍛えられる傾向がある部位は、僧帽筋上部、大胸筋、小胸筋、上腕二頭筋、大腰筋、ハムストリング、ヒラメ筋などです。

しかしながら、これらのトレーニングを行うことは悪いことではありません。

問題なのは、一部を過度に鍛えることで、互いに引っ張りあう筋肉とのバランスが崩れてしまうことです。

上記の筋肉と引っ張り合う関係にある筋肉は、菱形筋、広背筋、上腕三頭筋、大殿筋、腹直筋、三角筋といった部位です。

こうした部位は放っておくと弱くなってしまうので、バランスが崩れ身体の機能に悪影響を与えてしまいます。

そのため、これらの筋肉も意図的に鍛えることが重要になります。

そういった放っておくと弱くなる筋肉を鍛えるためにケトルベルを使ったトレーニングは有効になります。

特に、ケトルベルの特性を利用したスイングというトレーニングは殿筋や広背筋を効果的に使うことができるのでおすすめの種目になります。

また、このスイングという種目は、お尻を引き締めて緩めるという動作を繰り返します。

この動作がヒップアップにつながりますし、肩の可動域を上げ、胸郭も整うので姿勢も改善されます。

ぜひお試しください。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-10-17

    エネルギー供給機構を考える。

    筋収縮には ATP が必要であるが、筋内のATP の量はわずかであるため、運動を継続す るた…
  2. 2017-4-10

    筋肥大を促すオールアウト

    筋肉肥大のためには、筋肉運動を限界と思われるまで繰り返すのが基本です。最終的にこれ以上動かす…
  3. 2015-10-30

    ミオシンの運動メカニズム

    筋収縮のメカニズムは、1954年に提唱された滑走説が有力とされています。滑走説を簡単に説明す…
  4. 2015-5-27

    情動の記憶は何処へ

    ヒトは物事を学習し行動を変容させる生き物ですが、それには記憶というものが大きく関わっています。…
  5. 2016-1-26

    エコノミークラス症候群について考える

    エコノミークラス症候群とは、海外旅行時などに、飛行機内で長時間同じ姿勢を取り続けることで起こる病気で…
ページ上部へ戻る