ケトルベルで筋肉のバランスを整える

ケトルベルはダンベルやバーベルとは違い重量が一方向に偏っています。

この特徴により、身体に高負荷をかけることができますし、そのアンバランスな重さを利用したストレッチ効果もあります。

トレーニングの目的が、筋肉に効かせるという目的であればバーベルや自重トレーニングのほうが有利になる場合もあります。

しかし、ウエイトトレーニングなどの一般的な筋肉トレーニングでは、鍛えたい部分が偏る傾向があります。

もし鍛え方が偏ってしまうと、かえって身体に悪影響を及ぼし、痛みや不調の原因になることがあります。

一般的なトレーニングで偏って鍛えられる傾向がある部位は、僧帽筋上部、大胸筋、小胸筋、上腕二頭筋、大腰筋、ハムストリング、ヒラメ筋などです。

しかしながら、これらのトレーニングを行うことは悪いことではありません。

問題なのは、一部を過度に鍛えることで、互いに引っ張りあう筋肉とのバランスが崩れてしまうことです。

上記の筋肉と引っ張り合う関係にある筋肉は、菱形筋、広背筋、上腕三頭筋、大殿筋、腹直筋、三角筋といった部位です。

こうした部位は放っておくと弱くなってしまうので、バランスが崩れ身体の機能に悪影響を与えてしまいます。

そのため、これらの筋肉も意図的に鍛えることが重要になります。

そういった放っておくと弱くなる筋肉を鍛えるためにケトルベルを使ったトレーニングは有効になります。

特に、ケトルベルの特性を利用したスイングというトレーニングは殿筋や広背筋を効果的に使うことができるのでおすすめの種目になります。

また、このスイングという種目は、お尻を引き締めて緩めるという動作を繰り返します。

この動作がヒップアップにつながりますし、肩の可動域を上げ、胸郭も整うので姿勢も改善されます。

ぜひお試しください。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-10-13

    同化・異化とは何か 〜代謝を考える〜

    蛋白に限らず糖類・脂質などの生物の体を構成する有機物質を分解する作用のことを異化:カタボリズムと言い…
  2. 2016-2-15

    臼蓋形成不全と肢位の関係

    股関節を横走する関節周囲筋は、股関節の安定性にとって重要です。実際には、股関節の適合を高める…
  3. 2015-5-19

    かつおぶしに注目!!

    近年では、ダイエットのための低脂肪食品や高栄養価の食品などさまざまな食品が作られています。そ…
  4. 2015-3-25

    脂肪細胞とホルモン

    脂肪細胞はいわば中性脂肪の倉庫みたいなもので、貯蔵する中性脂肪が増えて脂肪細胞に入りきらなくなると、…
  5. 2015-1-14

    水分摂ってますか?はいコーヒーを飲んでます。

    運動をしている人もそうでない人も水分補給は欠かせないものですが、こと冬に関しては摂取量が減ってしまい…
ページ上部へ戻る