『ムーブメントプレパレーション』

『ムーブメントプレパレーション=動きのための準備』

今までにスポーツやトレーニングをする際に、ストレッチはしたことがあると思います。
ケガの予防の為には柔軟性が必要でストレッチに入念に取り組んでいる方も多いと思います。

従来行われてきた伸ばした所で止めるストレッチ【スタティックストレッチ】はご存じの方も多いと思います。

今回ご紹介する『ムーブメントプレパレーション』は、運動前のウォーミングアップに取り入れることで効果を発揮します。

『ムーブメントプレパレーション』は、この言葉が意味するように、身体に動くため準備をさせるために行います。

心拍数を上げ、筋肉への血流を増やし、筋肉の体温を上げます。
さらに、神経系の機能も目覚めさせます。

その結果、可動性・柔軟性・安定性の向上に繋がります。

ムーブメントプレパレーションは、関節の可動域と筋の柔軟性を長期間にわたって高めていくことが目的です。
筋肉を伸ばす(アクティブ・エロンゲーション)から始め、この新しい可動域まで筋を伸ばした後に、筋を収縮させます。
スタティックストレッチのように筋を伸ばして終わりではなく、伸ばした位置で実際に筋肉を使っていきます。
こうすることで、関節を保持している関節回りの小さな筋を安定させることができます。
これにより、パフォーマンスを向上させ、またケガや障害の可能性を減らすことができます。
また、小さな筋肉を活動させることによって、いつでも身体を動かせる態勢がとれ、スイッチの入った状態を作ることができます。

スイッチが完全に入っていない状態で、身体を動かした場合身体の他の部分がそれを補おうとします。
例えば、中臀筋。
中臀筋は臀筋群の中の小さな筋肉の一つですが、この筋肉にスイッチが入っていないと脚の左右の安定性の低下に繋がり、大腿筋膜張筋などの筋肉で補います。
その結果、アライメントが崩れ、障害や痛みに繋がります。

ムーブメントプレパレーションは筋を収縮させることで、筋肉をより活動しやすい状態を作ります。

筋肉は一つの筋肉が収縮すると拮抗する筋肉は弛緩する相反抑制が起こります。
ムーブメントプレパレーションはこの相反抑制を利用して、それぞれの筋肉に活動しやすい状態を作っていきます。

また、ムーブメントプレパレーションは小さな筋群のスイッチをいれることで関節や筋肉、腱にあるバランスを保つための圧力(固有受容)を感じ取る【固有受容器』の感度を高めます。
つまり、命令系(運動神経)とフィードバック機構(感覚神経)の感度を高めてくれ、身体に予期せぬ不規則な動作の準備にもなります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-2-25

    土踏まずの役割

    ヒトの足で、他の動物にはみられない最大の特徴が、アーチの形成です。ヒトの足のアートは、踵骨と…
  2. 2017-2-12

    トレーニングは大筋群などから先に行う

    トレーニング種目を選択したら、種目の順番を考えます。行う順序にはいくつかのポイントがあります…
  3. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  4. 2016-1-8

    筋の粘弾性性質と収縮活動

    筋緊張(トーン【tone】)、もしくは筋張力(テンション【tension】)は生理学的に2つの因子に…
  5. 2015-12-2

    脂質摂取と代謝

    食物として脂質が摂取されると、小腸上皮から吸収されます。食物中の脂質はほとんど中性脂肪ですが、小…
ページ上部へ戻る