身体を自在にデザインする

食事を減らし、がむしゃらに運動するだけで理想の身体を手に入れるのは非常に困難です。

どこをシェイプアップさせるのかという視点が欠けているのです。

理想の身体になるためにはやせるのではなくデザインすると考えることが近道なのです。

理想の身体を効率よく手に入れるために2つの側面からアプローチしていきます。

ひとつは、筋肉のサイズを大きくし、理想の体形に応じてその比率を変える「アウトワードデザイン」。

もうひとつは、脂肪細胞の体積を減らす「インワードデザイン」です。

アウトワードデザインとは、外側に向けて身体を変化させるデザイン、つまり筋肉を大きくして肉体の輪郭を変え、理想のボディラインを作ろうとするものです。

どんなにスリムな身体でも、筋肉のバランスがよくついていなければカッコいいボディラインにはなりません。

弱点となる部位をみつけて重点的に鍛えることが1つのカギになります。

痩せた人が行うとそのままボディラインに反映されるのです。

しかし、太りぎみの人は厚い脂肪が身体全体をおおっているため、筋トレをしても肝心のボディラインは見えにくいです。

そのような人は、インワードデザインが重要になります。

インワードデザインとは、内側にむけて身体を変化させるデザインです。

つまり、身体をおおっている脂肪を減らして、筋肉の輪郭を見えやすくしようとするものです。

バランス良く筋肉がついても皮下脂肪が多ければ筋肉やボディラインは脂肪の下に隠れて表からはみえません。

脂肪の減少を目指すインワードデザインは健康面のみならず、アウトワードデザインでつくった筋肉やボディラインをみせるために重要なのです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-10-29

    進化から考える股関節伸展機構

    脊椎動物のなかで初めて地上に進出したのは爬虫類です。その中でも恐竜(大爬虫類)は絶滅していき…
  2. 2014-11-17

    椎間板ヘルニアの保存療法

    腰椎椎間板ヘルニアはアスリートに発生する腰痛の原因としてしばしば問題となっている。治療方法は…
  3. 2015-9-12

    筋収縮とエネルギー代謝

    等尺性収縮の発揮筋力は、その持続時間に比例して低下します。最大随意収縮力は、6〜7secしか…
  4. 2015-1-12

    Soft tissue mobilization(軟部組織モビライゼーション)

    人間のカラダには、骨や筋肉や内臓があり、それを皮膚が包んでいる。しかしながら、皮膚だけでは構造上…
  5. 2014-10-7

    体脂肪量の調節「レプチン」

    レプチンというホルモンが、体脂肪量の調節において重要な役割を演じています。本来、レプチンは、食欲…
ページ上部へ戻る