身体を自在にデザインする

食事を減らし、がむしゃらに運動するだけで理想の身体を手に入れるのは非常に困難です。

どこをシェイプアップさせるのかという視点が欠けているのです。

理想の身体になるためにはやせるのではなくデザインすると考えることが近道なのです。

理想の身体を効率よく手に入れるために2つの側面からアプローチしていきます。

ひとつは、筋肉のサイズを大きくし、理想の体形に応じてその比率を変える「アウトワードデザイン」。

もうひとつは、脂肪細胞の体積を減らす「インワードデザイン」です。

アウトワードデザインとは、外側に向けて身体を変化させるデザイン、つまり筋肉を大きくして肉体の輪郭を変え、理想のボディラインを作ろうとするものです。

どんなにスリムな身体でも、筋肉のバランスがよくついていなければカッコいいボディラインにはなりません。

弱点となる部位をみつけて重点的に鍛えることが1つのカギになります。

痩せた人が行うとそのままボディラインに反映されるのです。

しかし、太りぎみの人は厚い脂肪が身体全体をおおっているため、筋トレをしても肝心のボディラインは見えにくいです。

そのような人は、インワードデザインが重要になります。

インワードデザインとは、内側にむけて身体を変化させるデザインです。

つまり、身体をおおっている脂肪を減らして、筋肉の輪郭を見えやすくしようとするものです。

バランス良く筋肉がついても皮下脂肪が多ければ筋肉やボディラインは脂肪の下に隠れて表からはみえません。

脂肪の減少を目指すインワードデザインは健康面のみならず、アウトワードデザインでつくった筋肉やボディラインをみせるために重要なのです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-22

    運動をする時間帯とそのパフォーマンスについて

    運動を実施する時間帯とそのパフォーマンスには相関するものがあるでしょうか?被験者に1時間ごと…
  2. 2015-3-30

    意外と身近な「ペットボトル症候群」とは?

    季節的に暖かくなるにつれて水分摂取の量が増えていきますが、ジュースをよく飲む方にとっては注意すべきこ…
  3. 2015-3-23

    感覚としてのカラダ

    感覚器官は外界の情報をキャッチし、逃げる、捕まえるといった生存に必要な動きを能率よく実行するのに役立…
  4. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  5. 2014-10-31

    便秘と下痢

    食べたものは胃腸で消化・吸収を終えると、24時間から72時間をかけて排便されていきます。この際に…
ページ上部へ戻る