ウエイトコントロールについて

体重階級制競技の選手は、各階級の規定体重と選手自体の求める競技力のバランスを考慮し、ウエイトコントロールにより体重の増量・減量を行なっていきます。

また、階級制のないその他多くのスポーツ・競技においても同様に競技特性に応じて行う事が多いです。

体重は身体全体の重さであり、組織により密度が異なるため、体重の増減だけでは筋肉、または脂肪のどちらかが増減したのか判断する事が難しいです。

そのためアスリートは自身の身体蘇生をできるだけ把握する必要があります。

身体組織は、一般に脂肪組織や骨・骨格・筋・内臓・脳、その他の組織に分類されますが、主に脂肪組織と除脂肪組織の2つに大きく分類されます。

脂肪組織は脂肪量や体脂肪率で示され、ホルモン生成と大きく関わるため過度な現象は月経障害などを招きます。

一方、除脂肪組織は除脂肪量で示され、除脂肪量の変化は主に、筋肉量の変化を示します。

体力指標となる筋力やパワーは筋肉量や筋肉の断面積に比例します。

アスリートがウエイトコントロールを行う際は、これらの数値をこまめに測定・活用し、脂肪量・除脂肪量それぞれを自身の目標値まで増減させます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-19

    第Ⅰ〜Ⅵ脳神経について

    脳神経は脳から出る末梢神経で12対あり、感覚性、運動性、混合性のものとがあります。第Ⅰ脳神経…
  2. 2015-1-22

    女性ホルモン「エストロゲン」

    若さを保つ為に必要なホルモンのひとつに「エストロゲン」といわれるものがある。いわゆる女性ホルモン…
  3. 2016-2-21

    卵円孔開存と片頭痛

    心臓は4つの部屋からなっており、まず縦の壁である心房中隔と心室中隔によって完全に左右に分けられます。…
  4. 2017-1-24

    トレーニングの効率を上げるコアコントロール

    「コア」は体幹周辺をさす言葉で、頭、腕、脚を除いた胴体部分をさします。このコアの動きを担って…
  5. 2014-10-9

    運動後には・・・チョコレートドリンク!?

    運動後の水分補給や栄養補給には何が効果的か。これに関しては、さまざまなところで議論が行な…
ページ上部へ戻る