横腹が痛くなるという現象

走っていると横腹が痛くなるという現象。

誰も一度は経験したことがあるでしょう。

そのときの状況を考えてみると、大抵何かを食べた直後であることに気づきます。

食事の直後は、消化吸収のため消化器官が活発に働きます。

胃で細かく分解された食物は、それぞれ分子レベルの栄養素となって腸から血液中に取り込まれ、身体の各部に運ばれます。

胃腸には消化吸収をスムーズに行うため一時的に多くの血液が集められます。

普段、筋に配分されている血液も、このときばかりは胃腸を中心とする内臓に集められます。

これに反して食後すぐに激しい運動をすると、内臓に集中していた血液が腕や脚の筋に移動してしまいます。

内臓は酸素不足の状態となり、中でも脾臓が痙攣を起こしてしまいます。

これが横腹が痛くなるという現象の正体です。

消化吸収が妨げられるので、運動を中止しろという警告が発せられているというわけです。

「腹が減っては戦ができぬ」とは言いますが、「親が死んでも食休み」「隣は火事でも先ず一服」という諺があるように、食後すぐの運動はなるべく控えたほうがよさそうです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-7

    グリア細胞について考える

    脳の神経系を組織学的にみると、一定の排列と連結をなすニューロンとその周囲を取り巻くグリア細胞からなり…
  2. 2016-12-17

    連続的持久力と間欠的持久力の乳酸代謝の違い

    長距離走のような一定の強度で長時間運動を継続するものを連続的持久運動といい、サッカーのようなダッシュ…
  3. 2014-9-27

    副腎皮質ホルモン

    副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  4. 2015-4-24

    幼少期の筋量と骨の発達

    先日、イギリスの研究チームが「子どもの筋量が多いことが、健康な骨の発育に強く関連すること」を発表した…
  5. 2017-3-13

    高齢者における筋力エクササイズ

    加齢により筋骨格量は減少し、筋力低下を引き起こすことはよく知られています。加齢による筋力低下…
ページ上部へ戻る