横腹が痛くなるという現象

走っていると横腹が痛くなるという現象。

誰も一度は経験したことがあるでしょう。

そのときの状況を考えてみると、大抵何かを食べた直後であることに気づきます。

食事の直後は、消化吸収のため消化器官が活発に働きます。

胃で細かく分解された食物は、それぞれ分子レベルの栄養素となって腸から血液中に取り込まれ、身体の各部に運ばれます。

胃腸には消化吸収をスムーズに行うため一時的に多くの血液が集められます。

普段、筋に配分されている血液も、このときばかりは胃腸を中心とする内臓に集められます。

これに反して食後すぐに激しい運動をすると、内臓に集中していた血液が腕や脚の筋に移動してしまいます。

内臓は酸素不足の状態となり、中でも脾臓が痙攣を起こしてしまいます。

これが横腹が痛くなるという現象の正体です。

消化吸収が妨げられるので、運動を中止しろという警告が発せられているというわけです。

「腹が減っては戦ができぬ」とは言いますが、「親が死んでも食休み」「隣は火事でも先ず一服」という諺があるように、食後すぐの運動はなるべく控えたほうがよさそうです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-2-24

    横突棘筋の解剖

    横突棘筋とは、半棘筋、多裂筋、回旋筋の総称で、脊柱の最深層に位置する筋です。半棘筋は、これら…
  2. 2014-10-7

    体脂肪量の調節「レプチン」

    レプチンというホルモンが、体脂肪量の調節において重要な役割を演じています。本来、レプチンは、食欲…
  3. 2015-2-25

    脳とコンピューターの処理の違い

    脳は、莫大な量の情報を絶えず処理しています。その大量の情報を脳はどうやって処理しているのでし…
  4. 2017-2-24

    スポーツで重要な筋肉の立ち上がり

    陸上競技の短距離選手が100mを走るとき、選手の足の裏が地面についている時間はとても短いです。…
  5. 2016-5-11

    筋線維の壊死と再生

    筋線維の壊死は、細胞膜の破壊から始まります。このとき、細胞膜を裏打ちしているジストロフィンと…
ページ上部へ戻る