消費カロリーについて

食事などで摂取するカロリーと、日常生活で消費するカロリーが同じだったら、体重は維持され、減量するには摂取カロリーを消費カロリーが上回っていれば大丈夫です。

人が1日に消費するカロリーは、安静代謝と生活活動や運動による代謝を合計したものになります。

様々な生活活動や運動で消費するエネルギー量は概ね計算できます。

安静時の代謝量は、生命を維持する他に、姿勢を保ったり、意識を持ったりするために必要なエネルギーのことで、基礎代謝の1.2倍に相当します。

一方、日常的な生活活動や運動で消費するエネルギーは、安静時の代謝量の2〜5倍であり、激しい運動では10倍を超えることもあります。

1日の消費カロリーを増やすには、日常生活全体をやや活動的にするか、運動などでエネルギーを消費する時間を取り入れることが必要になってきます。

多くの生活活動や運動・スポーツで、単位時間当たりどれくらいのエネルギーを消費するかは、多くの研究者により算出されていて、安静時の代謝量の何倍にも相当するかの単位がメッツです。

メッツに活動・運動の時間と体重をかけ合わせれば、消費カロリーが算出できます。

減量を行う場合は、1日に300カロリー程度のマイナスを作っていくのが、無理がないと言われています。

ジョギングを行う場合のカロリー消費量は、消費カロリー=体重x走った距離という単純な計算式があります。

60kgの人が5㎞走れば300カロリーを消費すると算出できます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-4-7

    トレーニング休止中の筋肉の変化

    筋力トレーニングを続けてきたのに、病気やケガ、仕事の都合などでトレーニングをやめる、あるいは休んでし…
  2. 2015-5-23

    AMPK(AMP活性プロテインキナーゼ)とは

    細胞の中ではさまざまな種類の酵素が生きるための仕事を役割分担しながら行っています。AMPKは…
  3. 2015-10-1

    腱の生理学的機能

    腱の多様な力学的および生理学的特性について考えてみるといくつかの主要な機能が見えてきます。ま…
  4. 2016-12-12

    パフォーマンスを決める2つの要素

    高いパフォーマンスを実現するためには、大きく分けて2つの要素があります。1つ目は、筋力や持久力、…
  5. 2017-1-25

    メカニカルストレス

    メカニカルストレスとは、「力学的ストレス」のことで、何かを持ち上げたり引っ張ったりするときに筋肉や腱…
ページ上部へ戻る