逆三角形の背中をつくる

引き締まったウエストと厚い胸板、そしてがっしりとした上背部があれば、きれいな逆三角形の体型になります。

上背部の前後の厚みは、僧帽筋の中部や下部、菱形筋を発達させることで増加します。

その為には、肩甲骨を内側に寄せる動作と下げる動作が重要になります。

これは、チンニングなどで強化できますが、シーテッドロウのように身体の正面からウエイトを近づけてくる種目で鍛えるのが良いです。

こうした種目では広背筋の下部も鍛えられるのでより力強いボディラインをめざせます。

広背筋の鍛え方としては、わきを締め、腕を後方に引く役割を担う筋肉です。

この筋肉が肥大すると、上背部が横に広がるため、上半身の逆三角形を強調できます。

トレーニングは、バンザイの状態からわきを締めるチンニングのような動作のものが最適です。

しかしながら、上背部の筋肉は鍛えにくい部位になります。

しっかり鍛えるためには肩甲骨を上手に動かさなくてはなりません。

胸を反らせ、肩甲骨を内側に寄せ、また、下方に下げることも重要になります。

肘を軸に動かしやすいですが、腕を付け根から動かすように意識していきましょう。

このように背中を背中を鍛える種目では、主に上背部の筋肉に焦点をあてていきます。

背中にはこれらの筋肉のほか、背骨の左右を縦に走る脊柱起立筋群という大きな筋肉があります。

一般的には背筋と言われており、身体の中心であるコアを支え、安定させる役割を担っています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  2. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  3. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  4. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…
  5. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-10-1

    プロバイオティクスによる健康法

    昨晩、ヨーグルトを食べていると、何気なくみた容器に「プロバイオティクス」という言葉をみつけました。…
  2. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  3. 2015-7-20

    滑液の特性

    滑液は滑膜関節のほか、滑液包や腱鞘に存在します。滑膜関節における滑液は透明、もしくは淡い黄色で粘…
  4. 2016-2-11

    関節軟骨とその特性

    関節の運動は滑液の拡散を促進し軟骨への酸素や栄養の供給を促すことで軟骨の維持に関与します。…
  5. 2015-5-27

    情動の記憶は何処へ

    ヒトは物事を学習し行動を変容させる生き物ですが、それには記憶というものが大きく関わっています。…
ページ上部へ戻る