逆三角形の背中をつくる

引き締まったウエストと厚い胸板、そしてがっしりとした上背部があれば、きれいな逆三角形の体型になります。

上背部の前後の厚みは、僧帽筋の中部や下部、菱形筋を発達させることで増加します。

その為には、肩甲骨を内側に寄せる動作と下げる動作が重要になります。

これは、チンニングなどで強化できますが、シーテッドロウのように身体の正面からウエイトを近づけてくる種目で鍛えるのが良いです。

こうした種目では広背筋の下部も鍛えられるのでより力強いボディラインをめざせます。

広背筋の鍛え方としては、わきを締め、腕を後方に引く役割を担う筋肉です。

この筋肉が肥大すると、上背部が横に広がるため、上半身の逆三角形を強調できます。

トレーニングは、バンザイの状態からわきを締めるチンニングのような動作のものが最適です。

しかしながら、上背部の筋肉は鍛えにくい部位になります。

しっかり鍛えるためには肩甲骨を上手に動かさなくてはなりません。

胸を反らせ、肩甲骨を内側に寄せ、また、下方に下げることも重要になります。

肘を軸に動かしやすいですが、腕を付け根から動かすように意識していきましょう。

このように背中を背中を鍛える種目では、主に上背部の筋肉に焦点をあてていきます。

背中にはこれらの筋肉のほか、背骨の左右を縦に走る脊柱起立筋群という大きな筋肉があります。

一般的には背筋と言われており、身体の中心であるコアを支え、安定させる役割を担っています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-8

    『可動性(MOBILITY)と安定性(STABILITY)』

    身体の効率的な動作には可動性と安定性が必要です。よく聞く柔軟性と可動性は少し異なり、柔軟性は…
  2. 2016-12-20

    行動を調整する能力を高めるコーディネーショントレーニング

    コーディネーショントレーニングとは行動を調整する能力を高めようとするトレーニングであり、ジュニア期で…
  3. 2014-12-24

    筋力トレーニングのタイミング

    今日はトレーニングの順番と効果についてです。① 【有酸素性運動後の筋肉トレーニング】…
  4. 2014-10-24

    別腹ってホントにあるの?

    「別腹」って本当にあるのと思ったことありませんか?甘いものは「別腹」などと言われることがあり…
  5. 2015-4-6

    ウィルチェアラグビー

    皆さん、ウィルチェアラグビーはご存知ですか?https://www.youtube.com/…
ページ上部へ戻る