分厚い胸板をつくるために

厚い胸板はトレーニングをする人、特に男性には憧れの存在です。

ここが薄いとスーツやTシャツもかっこよく決まりません。

胸を鍛える代表的な種目のベンチプレスを熱心に行う人が多いのはそのためかもしれません。

そんな胸板の筋肉は、一般に胸筋と言われますが、正しくは大胸筋と言います。

大胸筋は扇形をしており、上部、中部、下部にわけられます。

これをきちんと把握できると理想とする胸板の形が見えてきます。

まんべんなく分厚い胸板を目指すならトレーニングもバランスよく行いましょう。

ベンチプレスで大胸筋中部、もしくは全体を鍛える場合は、ベンチ台をフラットにして行います。

胸の下側のラインを強く出したい場合はベンチ台を頭を低くした体勢で行います。

胸の上部を厚くしたい場合は、頭を高くした体勢で行います。

このように角度を変えながら鍛えかっこいい胸板をめざしましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-4

    反射神経とは

    競技によっても様々ですが、アスリートたちの反応の速い動きをみてると驚かされるばかりです。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-31

    sensori-motor integration

    我々が自由に身体を移動させ、手でものをつかみ、投げ、道具を作り、操ることができるのは、全身に備わって…
  2. 2016-12-15

    筋肉を肥大させるストレス

    私たちの身体が強くなるためにはストレスが必要です。例えば、寒い中薄着で過ごす習慣をおくっていると…
  3. 2015-9-12

    免疫という生体システム

    免疫という生体システムは、自己と非自己を区別するシステムであります。無限に存在する非自己…
  4. 2015-10-4

    神経分離可能性の原理

    運動の遂行には、様々な感覚情報が関与します。心理的要因も例外ではありません。運動の制…
  5. 2015-4-2

    筋のガーディングとは

    筋のガーディングとは、痛み刺激に反応する筋の持続的収縮であり、防御的に体が過度に動くのを防ぐためのサ…
ページ上部へ戻る