分厚い胸板をつくるために

厚い胸板はトレーニングをする人、特に男性には憧れの存在です。

ここが薄いとスーツやTシャツもかっこよく決まりません。

胸を鍛える代表的な種目のベンチプレスを熱心に行う人が多いのはそのためかもしれません。

そんな胸板の筋肉は、一般に胸筋と言われますが、正しくは大胸筋と言います。

大胸筋は扇形をしており、上部、中部、下部にわけられます。

これをきちんと把握できると理想とする胸板の形が見えてきます。

まんべんなく分厚い胸板を目指すならトレーニングもバランスよく行いましょう。

ベンチプレスで大胸筋中部、もしくは全体を鍛える場合は、ベンチ台をフラットにして行います。

胸の下側のラインを強く出したい場合はベンチ台を頭を低くした体勢で行います。

胸の上部を厚くしたい場合は、頭を高くした体勢で行います。

このように角度を変えながら鍛えかっこいい胸板をめざしましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-3-27

    筋トレで効果が出ない時の克服方法

    初心者がトレーニングを開始すると最初の数ヶ月は、使用する重量や反復回数が目覚しく向上していきます。…
  2. 2015-2-3

    外界の刺激を感知する「皮膚感覚」

    皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の3層からなり、人体で最も広い表面積を持つ器官です。皮膚には、外…
  3. 2016-12-16

    スタミナを上げる持久力トレーニング

    持久力の要素の中に、心肺機能の強さがという要素がありますが、これはどのように鍛えるのがいいのでしょう…
  4. 2015-6-6

    タメになる「豆」知識

    体型を気にしている女性やダイエットをしている女性は「ナッツ(豆)は美容効果やダイエットに良い」と聞い…
  5. 2015-3-30

    内側側副靭帯損傷について

    先日のプロ野球の試合でソフトバンクの斐嗣捕手がホームベースへスライディングの際に膝を痛めてしまいニュ…
ページ上部へ戻る