分厚い胸板をつくるために

厚い胸板はトレーニングをする人、特に男性には憧れの存在です。

ここが薄いとスーツやTシャツもかっこよく決まりません。

胸を鍛える代表的な種目のベンチプレスを熱心に行う人が多いのはそのためかもしれません。

そんな胸板の筋肉は、一般に胸筋と言われますが、正しくは大胸筋と言います。

大胸筋は扇形をしており、上部、中部、下部にわけられます。

これをきちんと把握できると理想とする胸板の形が見えてきます。

まんべんなく分厚い胸板を目指すならトレーニングもバランスよく行いましょう。

ベンチプレスで大胸筋中部、もしくは全体を鍛える場合は、ベンチ台をフラットにして行います。

胸の下側のラインを強く出したい場合はベンチ台を頭を低くした体勢で行います。

胸の上部を厚くしたい場合は、頭を高くした体勢で行います。

このように角度を変えながら鍛えかっこいい胸板をめざしましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-4

    衛生仮説とは何か

    花粉症というと季節性のアレルギー性鼻炎になるわけですが、近年その発症率は上がってきています。…
  2. 2016-4-10

    運動学習とフィッツの三相説

    人間発達は遺伝と環境、あるいは成熟と学習の相互作用という視点から理解されてきています。中枢神…
  3. 2016-1-28

    運動感覚情報と内部モデル

    体性感覚は、内蔵と脳以外の身体組織に存在する受容器の興奮によって生じる感覚のことで…
  4. 2014-12-15

    運動連鎖とは

    トレーニングやリハビリなどの運動療法の世界では、よく運動連鎖という概念が用いられます。運…
  5. 2016-1-18

    神経動態における「神経の容器」と「機械的なインターフェース」

    「神経の容器」と「機械的なインターフェース」の2つの概念は身体の動きがどのように神経組織に影響するの…
ページ上部へ戻る