カーボロードとウォーターロードについて

マラソンなど長時間の激しい運動を行う人が、レースの1週間ほど前から、エネルギー消費や栄養摂取時にタンパク質・脂質と炭水化物の摂り方を工夫して、筋肉内にグリコーゲンを溜め込むことを、炭水化物ローディング(カーボロード)といいます。

長時間のレースでは、筋肉内のグリコーゲン濃度が、成績を左右するといわれます。

そこで、筋肉内にできるだけグリコーゲンを溜め込むことができるように、レース前にあえてグリコーゲンを空に近い状態になるように食事と運動を工夫し、レース数日前から炭水化物を再補充するような食事を摂取することで、過剰にグリコーゲンを溜め込んでいきます。

具体的には、レース1週間前から底炭水化物食を摂取しながら、運動でエネルギーを消費し、グリコーゲンを溜め込むのが、最初の方法になります。

最近では、1週間前からトレーニング量を減らして、3日前から高炭水化物食を摂取するだけというパターンもあります。

これにならって、長時間運動時の脱水予防のために、水分をしっかり補給しておくことをウォーターロードと呼んでいます。

ただし、グリコーゲンのように蓄えができるわけではありません。

口渇感を感じた時には、すでに水分補給が遅れているといわれていて、また水分は1度に多量に飲むと吸収率が下がるので、こまめに飲むことが必要です。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-4

    反射神経とは

    競技によっても様々ですが、アスリートたちの反応の速い動きをみてると驚かされるばかりです。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-22

    運動時間の設定

    中枢の循環系機能を高め、心排出量を増加させるためには、目標心拍数を維持した運動を少なくとも20分間続…
  2. 2017-1-15

    クールダウンの必要性

    ダッシュなど激しい運動を行うと、乳酸が多く算出され、血中乳酸濃度が増加します。全力で400メ…
  3. 2017-2-1

    逆三角形の背中をつくる

    引き締まったウエストと厚い胸板、そしてがっしりとした上背部があれば、きれいな逆三角形の体型になります…
  4. 2017-4-10

    筋肥大を促すオールアウト

    筋肉肥大のためには、筋肉運動を限界と思われるまで繰り返すのが基本です。最終的にこれ以上動かす…
  5. 2017-2-26

    テクニックを覚えるのに最適な期間

    さまざまなスポーツのテクニックを習得していくとき、脳の中にさまざまな神経回路がつくられていきます。…
ページ上部へ戻る