カーボロードとウォーターロードについて

マラソンなど長時間の激しい運動を行う人が、レースの1週間ほど前から、エネルギー消費や栄養摂取時にタンパク質・脂質と炭水化物の摂り方を工夫して、筋肉内にグリコーゲンを溜め込むことを、炭水化物ローディング(カーボロード)といいます。

長時間のレースでは、筋肉内のグリコーゲン濃度が、成績を左右するといわれます。

そこで、筋肉内にできるだけグリコーゲンを溜め込むことができるように、レース前にあえてグリコーゲンを空に近い状態になるように食事と運動を工夫し、レース数日前から炭水化物を再補充するような食事を摂取することで、過剰にグリコーゲンを溜め込んでいきます。

具体的には、レース1週間前から底炭水化物食を摂取しながら、運動でエネルギーを消費し、グリコーゲンを溜め込むのが、最初の方法になります。

最近では、1週間前からトレーニング量を減らして、3日前から高炭水化物食を摂取するだけというパターンもあります。

これにならって、長時間運動時の脱水予防のために、水分をしっかり補給しておくことをウォーターロードと呼んでいます。

ただし、グリコーゲンのように蓄えができるわけではありません。

口渇感を感じた時には、すでに水分補給が遅れているといわれていて、また水分は1度に多量に飲むと吸収率が下がるので、こまめに飲むことが必要です。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-4

    神経分離可能性の原理

    運動の遂行には、様々な感覚情報が関与します。心理的要因も例外ではありません。運動の制…
  2. 2015-5-18

    肥満と神経ヒスタミン

    ヒスタミンは広く知られているところで、花粉症のくしゃみなどアレルギー症状の原因になる物質です。…
  3. 2015-2-2

    セントラル・トリガーポイント

    筋膜痛を解決するには、まず、筋の中央に生じるセントラル・トリガーポイントを見つけることが大切です。…
  4. 2017-2-22

    重要性と原則に照らしてトレーニング種目を配列する

    トレーニングは最初に行った種目の効果が一番大きくなり、後に行った種目ほど効果が小さくなります。…
  5. 2016-9-6

    ケトジェニックダイエット

    ヒトが活動するためにはエネルギー代謝が不可欠です。その中でも主なものはブトウ糖など糖質を…
ページ上部へ戻る