カーボロードとウォーターロードについて

マラソンなど長時間の激しい運動を行う人が、レースの1週間ほど前から、エネルギー消費や栄養摂取時にタンパク質・脂質と炭水化物の摂り方を工夫して、筋肉内にグリコーゲンを溜め込むことを、炭水化物ローディング(カーボロード)といいます。

長時間のレースでは、筋肉内のグリコーゲン濃度が、成績を左右するといわれます。

そこで、筋肉内にできるだけグリコーゲンを溜め込むことができるように、レース前にあえてグリコーゲンを空に近い状態になるように食事と運動を工夫し、レース数日前から炭水化物を再補充するような食事を摂取することで、過剰にグリコーゲンを溜め込んでいきます。

具体的には、レース1週間前から底炭水化物食を摂取しながら、運動でエネルギーを消費し、グリコーゲンを溜め込むのが、最初の方法になります。

最近では、1週間前からトレーニング量を減らして、3日前から高炭水化物食を摂取するだけというパターンもあります。

これにならって、長時間運動時の脱水予防のために、水分をしっかり補給しておくことをウォーターロードと呼んでいます。

ただし、グリコーゲンのように蓄えができるわけではありません。

口渇感を感じた時には、すでに水分補給が遅れているといわれていて、また水分は1度に多量に飲むと吸収率が下がるので、こまめに飲むことが必要です。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-1

    コンパートメント症候群の急性症状と慢性症状

    コンパートメント症候群は、コンパートメント内の圧力が局所の動脈圧を超えた状態で発生し、筋および神経の…
  2. 2015-6-27

    脂肪酸は脳の栄養である。

    ヒトの必須脂肪酸は、リノール酸に代表されるω-6脂肪酸とα-リノレン酸に代表されるω-3脂肪酸になり…
  3. 2014-9-27

    ホルモン分泌

    運動やトレーニングをすると、その直後には、さまざまなホルモンの血中濃度が一過性の変化を示します。…
  4. 2016-3-5

    脂質やコレステロールは必ずしも悪者か?

    多くの方が脂肪について良くないイメージをもっていて、話をしていると「脂肪をできるだけ制限し、あまり食…
  5. 2015-5-27

    情動の記憶は何処へ

    ヒトは物事を学習し行動を変容させる生き物ですが、それには記憶というものが大きく関わっています。…
ページ上部へ戻る