カーボロードとウォーターロードについて

マラソンなど長時間の激しい運動を行う人が、レースの1週間ほど前から、エネルギー消費や栄養摂取時にタンパク質・脂質と炭水化物の摂り方を工夫して、筋肉内にグリコーゲンを溜め込むことを、炭水化物ローディング(カーボロード)といいます。

長時間のレースでは、筋肉内のグリコーゲン濃度が、成績を左右するといわれます。

そこで、筋肉内にできるだけグリコーゲンを溜め込むことができるように、レース前にあえてグリコーゲンを空に近い状態になるように食事と運動を工夫し、レース数日前から炭水化物を再補充するような食事を摂取することで、過剰にグリコーゲンを溜め込んでいきます。

具体的には、レース1週間前から底炭水化物食を摂取しながら、運動でエネルギーを消費し、グリコーゲンを溜め込むのが、最初の方法になります。

最近では、1週間前からトレーニング量を減らして、3日前から高炭水化物食を摂取するだけというパターンもあります。

これにならって、長時間運動時の脱水予防のために、水分をしっかり補給しておくことをウォーターロードと呼んでいます。

ただし、グリコーゲンのように蓄えができるわけではありません。

口渇感を感じた時には、すでに水分補給が遅れているといわれていて、また水分は1度に多量に飲むと吸収率が下がるので、こまめに飲むことが必要です。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-12-9

    スポーツ医学の起源を知る。

    どの分野でも常に新しい発見があるように、スポーツの世界でも、理論や科学、医学とさまざまな分野で進化を…
  2. 2017-2-13

    覚えておきたい法則(原則)

    筋力トレーニングをするにあたって覚えておきたい3つの法則があります。1つ目は、「ルーの法則」…
  3. 2015-9-8

    安静立位姿勢と筋活動

    人間の日常生活の行動の多くは、立位姿勢やそこから派生する姿勢で行われています。そのため、立位…
  4. 2015-9-21

    身体動揺と防御反応

    人間が立位姿勢を保持している時、突然、床面が水平に移動したり、肩甲帯や骨盤帯を押されると、重心線は安…
  5. 2015-7-5

    温熱刺激による筋肥大亢進と筋萎縮抑制

    筋線維に対して温熱刺激を負荷として与えると、筋肥大が生じます。あらかじめ温熱刺激を与えてから…
ページ上部へ戻る