カーボロードとウォーターロードについて

マラソンなど長時間の激しい運動を行う人が、レースの1週間ほど前から、エネルギー消費や栄養摂取時にタンパク質・脂質と炭水化物の摂り方を工夫して、筋肉内にグリコーゲンを溜め込むことを、炭水化物ローディング(カーボロード)といいます。

長時間のレースでは、筋肉内のグリコーゲン濃度が、成績を左右するといわれます。

そこで、筋肉内にできるだけグリコーゲンを溜め込むことができるように、レース前にあえてグリコーゲンを空に近い状態になるように食事と運動を工夫し、レース数日前から炭水化物を再補充するような食事を摂取することで、過剰にグリコーゲンを溜め込んでいきます。

具体的には、レース1週間前から底炭水化物食を摂取しながら、運動でエネルギーを消費し、グリコーゲンを溜め込むのが、最初の方法になります。

最近では、1週間前からトレーニング量を減らして、3日前から高炭水化物食を摂取するだけというパターンもあります。

これにならって、長時間運動時の脱水予防のために、水分をしっかり補給しておくことをウォーターロードと呼んでいます。

ただし、グリコーゲンのように蓄えができるわけではありません。

口渇感を感じた時には、すでに水分補給が遅れているといわれていて、また水分は1度に多量に飲むと吸収率が下がるので、こまめに飲むことが必要です。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-31

    α-γ連関とγループとは

    運動神経は、神経線維の太いα運動ニューロンと、神経線維の細いγ運動ニューロンからなります、脊…
  2. 2015-7-17

    細胞膜の流動モザイクモデル

    細胞膜は親水性の頭と疎水性の尾からなる両親媒性のリン脂質の二重層からなっています。その両親媒…
  3. 2014-12-24

    筋力トレーニングのタイミング

    今日はトレーニングの順番と効果についてです。① 【有酸素性運動後の筋肉トレーニング】…
  4. 2016-5-23

    距骨下関節の適合と不適合

    距骨下関節には関節の適合肢位が1つだけ存在します。それは中間位で、このとき足部は距骨に対し真…
  5. 2016-2-13

    体重の構成要素

    体重の構成要素には、①脂肪量(脂肪組織および他の組織中に含まれるすべての脂肪)②除脂肪量(水…
ページ上部へ戻る