トレーニングプログラム

理想の身体を作るために様々な方法があると思いますが、トレーニングを行い筋肉をつけてメリハリのある身体にするのも方法の1つです。

トレーニングで身体を理想に近づけるためには継続することが必要です。

気分次第で種目を決め、トレーニングを継続していくこともいいのですが、まずは決めたプログラムを継続するということが重要になります。

このプログラムなのですが、あまり長期間同じプログラムを行うとトレーニングの刺激に慣れてしまい効果が頭打ちになることもあります。

そのため、刺激に慣れてきたらプログラムを変更しましょう。

また、ある種目を1セット行ったら別の種目にいくのではなく、同じ種目や同じ筋肉をターゲットにする種目を続けることがポイントになります。

例えば、胸部をターゲットとするのであれば、ベンチプレスを10回の3セット、そしてダンベルフライを10回の3セットと行います。

すると1つの筋肉をしっかり追い込むことができるので乳酸も溜まりやすく筋肥大しやすくなります。

そして筋肥大のためには超回復のタイミングも重要になります。

トレーニングで生じる筋肉のダメージを無視してトレーニングを続けると効果が上がりにくくなると同時にケガのリスクも高まります。

必ず適切な休養を入れましょう。

個人差ありますが、筋肉のダメージを回復するためには2~3日の休養が必要です。

ダメージを回復した筋肉はさらに筋肉を大きくしてより高い負荷に耐えられるように強化し始めます。

その為、超回復の効果が残っている間を狙ってトレーニング行いましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-19

    当たり前ですが運動効果を得るには運動をしなければなりません。

    運動をするのは楽しいことですが、同時にきつさ、つらさというのも味わうことになります。もち…
  2. 2015-5-29

    インスリン分泌促進因子インクレチンと肥満の関係

    インクレチンとは消化管ホルモンであるGIPとGLP-1の総称です。これらは食事摂取に伴い効率…
  3. 2015-3-19

    脂肪とは何か?

    健康面でも美容面でも「脂肪」という名前が出ていますが、そもそも脂肪とはなんでしょうか。お腹の…
  4. 2015-7-15

    温度不耐性について

    外傷によって神経が傷ついたあとにみられる神経障害性疼痛や、腰痛、関節痛などの慢性痛では環境温度の変化…
  5. 2015-1-9

    PRI(Postural Restoration Institute)を考える

    全身のバランスを考えるときに体は左右対称にすべきなのか。それとも、もともとが左右対称でないので、…
ページ上部へ戻る