トレーニングプログラム

理想の身体を作るために様々な方法があると思いますが、トレーニングを行い筋肉をつけてメリハリのある身体にするのも方法の1つです。

トレーニングで身体を理想に近づけるためには継続することが必要です。

気分次第で種目を決め、トレーニングを継続していくこともいいのですが、まずは決めたプログラムを継続するということが重要になります。

このプログラムなのですが、あまり長期間同じプログラムを行うとトレーニングの刺激に慣れてしまい効果が頭打ちになることもあります。

そのため、刺激に慣れてきたらプログラムを変更しましょう。

また、ある種目を1セット行ったら別の種目にいくのではなく、同じ種目や同じ筋肉をターゲットにする種目を続けることがポイントになります。

例えば、胸部をターゲットとするのであれば、ベンチプレスを10回の3セット、そしてダンベルフライを10回の3セットと行います。

すると1つの筋肉をしっかり追い込むことができるので乳酸も溜まりやすく筋肥大しやすくなります。

そして筋肥大のためには超回復のタイミングも重要になります。

トレーニングで生じる筋肉のダメージを無視してトレーニングを続けると効果が上がりにくくなると同時にケガのリスクも高まります。

必ず適切な休養を入れましょう。

個人差ありますが、筋肉のダメージを回復するためには2~3日の休養が必要です。

ダメージを回復した筋肉はさらに筋肉を大きくしてより高い負荷に耐えられるように強化し始めます。

その為、超回復の効果が残っている間を狙ってトレーニング行いましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-6

    タメになる「豆」知識

    体型を気にしている女性やダイエットをしている女性は「ナッツ(豆)は美容効果やダイエットに良い」と聞い…
  2. 2015-9-3

    投球動作における肘のバイオメカニクス

    投球動作における肘のバイオメカニクスは6段階に分けられます。ワインドアップ期、ストライド期、コッ…
  3. 2015-6-20

    ミラーニューロンと共感力

    「ミラーニューロン」とは、自分の動作と他人の動作に「ミラー鏡」のように同じような反応をする神経細胞の…
  4. 2014-12-12

    タバコによるダメージ

    タバコの煙は、粘膜を直接に刺激するだけでなく、唾液に溶けて飲み込まれ、また血液中に吸収されて全身をめ…
  5. 2017-5-15

    暑熱順化と運動トレーニングの影響

    私たちが運動トレーニングを続けたり、暑熱環境にたびたびさらされると、深部体温や皮膚温が上昇して発汗す…
ページ上部へ戻る