基礎代謝と身体活動レベルについて

基礎代謝とは、人間が生命を維持するために最低限必要なエネルギー量になります。

基礎代謝では、心臓を中心とする呼吸循環系は、全身に酸素を供給するのにエネルギーを消費していますが、脳神経系は精神活動を行なっていないので、エネルギーの消費は少ないです。

また動いていないので、筋肉系はあまりエネルギーを消費していませんが、基礎代謝全体の約4割は筋肉で消費されています。

筋肉系は、体温維持のためにエネルギーを消費しますが、体温維持には体表面積がが関わるので、基礎代謝量は体表面積・徐脂肪体重と相関が高いです。

一方、身体活動レベルとは、その人が活動的な生活を送っているかどうかの目安になります。

それは、仕事や日常生活のの過ごし方で、低い・普通・高いの3段階に分けられていて、それぞれ1日の消費量は、基礎代謝の1.5倍・1.75倍・2倍とされています。

つまり、活動的でない人の場合は、1日の消費エネルギーの約7割が基礎代謝であり、そのうち約4割が筋肉で消費されるので、筋肉の基礎代謝量は1日のエネルギー消費量の約3割になります。

適切なトレーニングと栄養管理があっても筋肉量を1Kg増量するのは容易ではありませんが、仮に筋肉量を10%増やしたとしても、エネルギー消費量は約3割増えます。

それに比べて、身体活動レベルを低いから普通に上げるだけで、エネルギー消費量は約15%増え、高いまでにあげれば約30%もエネルギー消費が増えるます。

このようにトレーニングによって体力を高め、身体活動レベルを高くすることは、減量に繋がります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-12-17

    筋トレをすると背が伸びなくなるって本当?

    トレーニングにまつわる迷信として「筋トレをすると背が伸びなくなる」というものがあります。…
  2. 2015-4-30

    呼吸時における肋骨の動き

    肋骨は12対の弓形を呈する平たい骨で構成され、後方は胸椎につながり、前方は浮遊肋を除き、胸骨に直接又…
  3. 2017-1-26

    代謝環境を利用して脳を刺激する

    筋肉を動かし力を出すためには、ATPという物質のエネルギーが必要です。これは、あらかじめ大量…
  4. 2015-6-27

    脂肪酸は脳の栄養である。

    ヒトの必須脂肪酸は、リノール酸に代表されるω-6脂肪酸とα-リノレン酸に代表されるω-3脂肪酸になり…
  5. 2015-6-30

    非特異的防御機構と特異的防御機構

    私たちの身体を守る防御機構は2段階用意されています。それが非特異的防御機構と特異的防御機構で…
ページ上部へ戻る