基礎代謝と身体活動レベルについて

基礎代謝とは、人間が生命を維持するために最低限必要なエネルギー量になります。

基礎代謝では、心臓を中心とする呼吸循環系は、全身に酸素を供給するのにエネルギーを消費していますが、脳神経系は精神活動を行なっていないので、エネルギーの消費は少ないです。

また動いていないので、筋肉系はあまりエネルギーを消費していませんが、基礎代謝全体の約4割は筋肉で消費されています。

筋肉系は、体温維持のためにエネルギーを消費しますが、体温維持には体表面積がが関わるので、基礎代謝量は体表面積・徐脂肪体重と相関が高いです。

一方、身体活動レベルとは、その人が活動的な生活を送っているかどうかの目安になります。

それは、仕事や日常生活のの過ごし方で、低い・普通・高いの3段階に分けられていて、それぞれ1日の消費量は、基礎代謝の1.5倍・1.75倍・2倍とされています。

つまり、活動的でない人の場合は、1日の消費エネルギーの約7割が基礎代謝であり、そのうち約4割が筋肉で消費されるので、筋肉の基礎代謝量は1日のエネルギー消費量の約3割になります。

適切なトレーニングと栄養管理があっても筋肉量を1Kg増量するのは容易ではありませんが、仮に筋肉量を10%増やしたとしても、エネルギー消費量は約3割増えます。

それに比べて、身体活動レベルを低いから普通に上げるだけで、エネルギー消費量は約15%増え、高いまでにあげれば約30%もエネルギー消費が増えるます。

このようにトレーニングによって体力を高め、身体活動レベルを高くすることは、減量に繋がります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-16

    遺伝子と性格

    心理学領域にクレッチマーの分類というものがあります。これは、性格と体格、そして精神疾患には関…
  2. 2015-8-12

    生活習慣病と運動

    Ⅰ型を除く糖尿病・脂質異常症・高血圧・高尿酸血症・肥満などが生活習慣病として挙げられます。こ…
  3. 2016-11-26

    鵞足炎

    鵞足炎は、ランニングやジャンプ、切り返し動作などを繰り返すことにより、鵞足を形成する筋群に過度な負担…
  4. 2017-2-20

    呼吸や腹圧を高める上で欠かせない腹横筋

    腹横筋は腹部の筋肉の中でもっとも深層部にある筋肉で、背中からお腹にかけてコルセットを巻くように横に覆…
  5. 2015-12-16

    アルコールとタバコ依存

    糖や脂肪のようにエネルギー源になるわけでもないのに、ヒトがついついはまってしまう嗜好品というものがあ…
ページ上部へ戻る