足位と歩行

歩行角は、一般的に歩行時の進行方向線に対する足の向く角度として定義されます。

さらに進行方向線に対して外を向くものをトゥーアウト、内を向くものをトゥーインと呼んでいます。

トゥーアウトという足位は、進行方向に対して足部が外を向いているために、母趾方向に身体重量を向かわせやすく、また身体重心に隣接する股関節は外旋位になります。

この肢位は周囲組織がルーズな状態になるため反対側の歩幅を大きくさせます。

逆にトゥーインは、進行方向に対して内を向いているために、小趾方向に身体重量を向かわせやすく、また股関節は内旋位になるために、周囲組織はタイトな状態で反対側の歩幅を伸ばすことが困難になります。

すなわちトゥーインは足部も剛性のある状態で、さらに体重心に隣接する股関節もタイトな状態にあることから支持性に優れているともいえます。

トゥーアウトは足部がテコとして機能を残している状態で、足部は回内に向かい、下腿は内旋し膝は内方を向き、骨盤帯は後方回旋、下制し、肩甲帯は前方回旋するも後方回旋位にあり、一方トゥーインでは逆の動きが生じます。

しかし、トゥーアウトは足部の過回内を生じやすく、またトゥーインは足部の過回外を生じやすくなります。

過度の足部の動きがある場合は、足部の動きからの影響を考慮して歩行観察する必要があります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-6

    体を正しく動かすために

    トレーニングやスポーツ競技を行ううえで炎症が起こることがあります。野球でヒジや肩などの障害は…
  2. 2015-9-12

    免疫という生体システム

    免疫という生体システムは、自己と非自己を区別するシステムであります。無限に存在する非自己…
  3. 2017-3-23

    筋トレの後のジョギングの効果

    筋力トレーニングの後にジョギングを合わせて行う人も多いと思います。ジョギングは有酸素運動の代…
  4. 2015-1-24

    神経ヒスタミンを活性化させる。

    咀嚼によって脳内に放出されるヒスタミンは、睡眠ー覚醒サイクル調節機能に関与します。睡眠と覚醒…
  5. 2016-2-24

    横突棘筋の解剖

    横突棘筋とは、半棘筋、多裂筋、回旋筋の総称で、脊柱の最深層に位置する筋です。半棘筋は、これら…
ページ上部へ戻る