筋線維の損傷と再生

筋肉は筋トレで一度壊し、回復させると強くなると言われています。

ただし、けがや壊れたというより微細な損傷程度のものです。

その後、損傷は修復され成長段階へとはいります。

この微細な損傷がおきやすいシチュエーションがあります。

それは、ウエイトをおろす動作です。

初心者の場合、ウエイトを上げることは意識してもおろすことを意識する人はそれほど多くありません。

筋トレの際は、おろす動作もていねいに行い、微細な損傷が生じることを意識しておくことも重要です。

また、おろす動作では速筋線維が使われることが多く、筋肥大をより起こしやすいという特徴もあるのです。

個人差はありますが、筋肉が微細な損傷をおこすと翌日から数日のうちに筋肉痛が引き起こされます。

筋肉痛がひどい間は筋力が著しく低下し回復にも時間がかかります。

これでは痛みにより次のトレーニングでのパフォーマンスが上がらず、効果は低下してしまいます。

こうした過度な筋肉痛がおこらないよう、トレーニング種目を計画的に組み合わせておくことが重要です。

負荷や回数を変えるなどの工夫をし注意しましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-4-25

    股関節のアライメント異状

    股関節は深い関節窩を持つ臼関節です。回転運動に関しては大きな可動性があるのに対して、並進運動につ…
  2. 2015-1-24

    神経ヒスタミンを活性化させる。

    咀嚼によって脳内に放出されるヒスタミンは、睡眠ー覚醒サイクル調節機能に関与します。睡眠と覚醒…
  3. 2015-2-15

    筋膜とは何か?

    筋膜とは、その名の通り筋を包む膜のことだが、筋全体を覆っている最外層の筋上膜といくつかの筋線維を束ね…
  4. 2015-7-16

    コリン作動性ニューロン

    アセチルコリン acetylcholine (Ach) を神経伝達物質とするニューロンをコリン作動性…
  5. 2015-8-9

    大脳と随意運動

    連合野には前頭連合野、頭頂連合野、側頭連合野があります。視覚、体性感覚、前庭・迷路感覚からの…
ページ上部へ戻る