筋線維の損傷と再生

筋肉は筋トレで一度壊し、回復させると強くなると言われています。

ただし、けがや壊れたというより微細な損傷程度のものです。

その後、損傷は修復され成長段階へとはいります。

この微細な損傷がおきやすいシチュエーションがあります。

それは、ウエイトをおろす動作です。

初心者の場合、ウエイトを上げることは意識してもおろすことを意識する人はそれほど多くありません。

筋トレの際は、おろす動作もていねいに行い、微細な損傷が生じることを意識しておくことも重要です。

また、おろす動作では速筋線維が使われることが多く、筋肥大をより起こしやすいという特徴もあるのです。

個人差はありますが、筋肉が微細な損傷をおこすと翌日から数日のうちに筋肉痛が引き起こされます。

筋肉痛がひどい間は筋力が著しく低下し回復にも時間がかかります。

これでは痛みにより次のトレーニングでのパフォーマンスが上がらず、効果は低下してしまいます。

こうした過度な筋肉痛がおこらないよう、トレーニング種目を計画的に組み合わせておくことが重要です。

負荷や回数を変えるなどの工夫をし注意しましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-23

    ムーブメントディレクション

    「ムーブメントディレクション」とは、トレーニング動作の方向を意味します。トレーニングでは種目によ…
  2. 2014-12-21

    がんと運動効果

    今日は、「ガンと運動について」です。「予防」のためというのはもちろんですが、「ガン患者」や「ガン…
  3. 2017-1-9

    筋肥大におけるホルモンの役割

    成長因子の働き成長因子は、器官内の細胞から分泌され主に局所的に働いて細胞の成長を調節…
  4. 2016-2-13

    体重の構成要素

    体重の構成要素には、①脂肪量(脂肪組織および他の組織中に含まれるすべての脂肪)②除脂肪量(水…
  5. 2015-6-30

    非特異的防御機構と特異的防御機構

    私たちの身体を守る防御機構は2段階用意されています。それが非特異的防御機構と特異的防御機構で…
ページ上部へ戻る