セットシステムについて

トレーニング種目で、特定の重量を連続して複数回反復するとき、この一連の往復を1セットと言います。

筋力強化や筋肥大が目的の場合、1セットだけでは筋肉への刺激が不十分で、通常はセット間にインターバルを挟みながら、これを何セットか繰り返し行います。

この時のセットの構成をセットシステム・セット法と呼んでいます。

セットシステムには、一つの種目だけを休息に挟んで、複数セットを繰り返す方法(シングルセット法)と、複数の種目を休息を取らずに連続するして行なって1セットとし、これを休息を挟みながら何セットか繰り返す方法(マルチセット法)があります。

シングルセット法は、初心者から熟練者まで幅広く用いられる最も基本的な方法で、技術を正確にマスターしたい場合や、その種目の最大筋力を高めたい場合に有効な方法になります。

一方マルチセット法は、複数の種目を連続して行うことで、一定時間内により多くの種目とセット数を消化することができます。

このことは単にトレーニングの時間効率を高めるというだけではなく、短時間に筋を疲労困憊させるような刺激が、筋肥大を助長するとされています。

マルチセット法としては、2種類を組み合わせる方法、3種類を組み合わせる方法、4〜6種目を組み合わせる方法、7種類目以上を組み合わせる方法などがあります。

これらは種目数が多くなるほど、主な効果が筋力から筋持久力へとシフトするため、最大筋力の強化が主な目的ある場合は、シングルセット法を中心として、適宜スーパーセット法、コンパウンドセット法を組み込みます。

また、セットの間隔は、筋肥大が目的の場合は、休息を短くし、体重階級制競技など筋肥大を抑えた筋力増加が目的の場合など、休息を長くします。

このようにセットシステムの方法は様々にあるため、トレーニングの目的や自身のレベルになどに応じて導入をすることができます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-10

    相反性抑制と反回抑制

    関節には、反対方向へ引き合う複数の筋群が対となって付着します。例えば、肘関節を伸ばす上腕三頭…
  2. 2015-7-19

    第Ⅰ〜Ⅵ脳神経について

    脳神経は脳から出る末梢神経で12対あり、感覚性、運動性、混合性のものとがあります。第Ⅰ脳神経…
  3. 2015-4-2

    筋のガーディングとは

    筋のガーディングとは、痛み刺激に反応する筋の持続的収縮であり、防御的に体が過度に動くのを防ぐためのサ…
  4. 2015-6-16

    食餌による体内時計のリセット

    近年、朝食の欠食や、夜食の摂食は、肥満になりやすいことが知られており、規制正しく朝食・昼食・夕食を摂…
  5. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
ページ上部へ戻る