セットシステムについて

トレーニング種目で、特定の重量を連続して複数回反復するとき、この一連の往復を1セットと言います。

筋力強化や筋肥大が目的の場合、1セットだけでは筋肉への刺激が不十分で、通常はセット間にインターバルを挟みながら、これを何セットか繰り返し行います。

この時のセットの構成をセットシステム・セット法と呼んでいます。

セットシステムには、一つの種目だけを休息に挟んで、複数セットを繰り返す方法(シングルセット法)と、複数の種目を休息を取らずに連続するして行なって1セットとし、これを休息を挟みながら何セットか繰り返す方法(マルチセット法)があります。

シングルセット法は、初心者から熟練者まで幅広く用いられる最も基本的な方法で、技術を正確にマスターしたい場合や、その種目の最大筋力を高めたい場合に有効な方法になります。

一方マルチセット法は、複数の種目を連続して行うことで、一定時間内により多くの種目とセット数を消化することができます。

このことは単にトレーニングの時間効率を高めるというだけではなく、短時間に筋を疲労困憊させるような刺激が、筋肥大を助長するとされています。

マルチセット法としては、2種類を組み合わせる方法、3種類を組み合わせる方法、4〜6種目を組み合わせる方法、7種類目以上を組み合わせる方法などがあります。

これらは種目数が多くなるほど、主な効果が筋力から筋持久力へとシフトするため、最大筋力の強化が主な目的ある場合は、シングルセット法を中心として、適宜スーパーセット法、コンパウンドセット法を組み込みます。

また、セットの間隔は、筋肥大が目的の場合は、休息を短くし、体重階級制競技など筋肥大を抑えた筋力増加が目的の場合など、休息を長くします。

このようにセットシステムの方法は様々にあるため、トレーニングの目的や自身のレベルになどに応じて導入をすることができます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  2. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  3. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  4. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…
  5. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-13

    覚えておきたい法則(原則)

    筋力トレーニングをするにあたって覚えておきたい3つの法則があります。1つ目は、「ルーの法則」…
  2. 2014-10-13

    同化・異化とは何か 〜代謝を考える〜

    蛋白に限らず糖類・脂質などの生物の体を構成する有機物質を分解する作用のことを異化:カタボリズムと言い…
  3. 2017-4-3

    プロテイン効果のあるトレーニング後と睡眠中

    プロテインは、日常の食事では摂りづらいタンパク質の補給に加え、摂るタイミングで威力を発揮してくれるあ…
  4. 2015-2-3

    外界の刺激を感知する「皮膚感覚」

    皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の3層からなり、人体で最も広い表面積を持つ器官です。皮膚には、外…
  5. 2015-6-16

    食餌による体内時計のリセット

    近年、朝食の欠食や、夜食の摂食は、肥満になりやすいことが知られており、規制正しく朝食・昼食・夕食を摂…
ページ上部へ戻る