トルクコントロール

トルクとは、筋肉が関節を回す力のことです。

それを最適な状態にするのが「トルクコントロール」です。

ほとんどの筋肉は、2つ以上の骨をつなぐようについています。

筋肉に力が入ると筋線維が収縮し、その力で骨が動かされます。

また、骨と骨の間には関節があるため、これが回転軸となり、ひじやひざの曲げ伸ばしができます。

これはテコの原理と同じで、トルクコントロールとは、テコの長さ(支点からの距離)とウエイトの重さを調整し、筋肉にかかる負荷を最適にすることなのです。

トレーニングを行うにあたって、回数や重さだけを気にするということが多くあります。

ダンベルサイドレイズを行うにあたって、ひじを曲げるか伸ばすかでテコの長さがかわってきます。

この距離が長いほど、ひじを伸ばした状態のほうが重く感じられるのです。

このように、ウエイトと距離を調節して、標的となる筋肉にしっかり効かせることがトルクコントロールの狙いなのです。

効率的に筋肉に刺激をあたえられるように意識していきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-24

    紫外線と目

    紫外線は全てが眼底(目の奥)まで達するわけではありません。大部分は角膜(黒目の部分にある透明…
  2. 2015-8-10

    ATPを産生するメカニズム

    ATPを産生するメカニズムは①クレアチンリン酸(PCr)の分解によるATP-PCr系…
  3. 2015-6-17

    脂肪蓄積と体内時計

    体内時計の中枢である中枢時計は、視床下部視交叉上核にあり、各末梢器にも末梢時計なるものが存在していま…
  4. 2014-10-13

    同化・異化とは何か 〜代謝を考える〜

    蛋白に限らず糖類・脂質などの生物の体を構成する有機物質を分解する作用のことを異化:カタボリズムと言い…
  5. 2014-10-3

    「NO pain no gain」痛みの考え方

    『痛みなくして、得るものなし』【NO pain no gain】古くからよく聞く言葉で、よく…
ページ上部へ戻る