トルクコントロール

トルクとは、筋肉が関節を回す力のことです。

それを最適な状態にするのが「トルクコントロール」です。

ほとんどの筋肉は、2つ以上の骨をつなぐようについています。

筋肉に力が入ると筋線維が収縮し、その力で骨が動かされます。

また、骨と骨の間には関節があるため、これが回転軸となり、ひじやひざの曲げ伸ばしができます。

これはテコの原理と同じで、トルクコントロールとは、テコの長さ(支点からの距離)とウエイトの重さを調整し、筋肉にかかる負荷を最適にすることなのです。

トレーニングを行うにあたって、回数や重さだけを気にするということが多くあります。

ダンベルサイドレイズを行うにあたって、ひじを曲げるか伸ばすかでテコの長さがかわってきます。

この距離が長いほど、ひじを伸ばした状態のほうが重く感じられるのです。

このように、ウエイトと距離を調節して、標的となる筋肉にしっかり効かせることがトルクコントロールの狙いなのです。

効率的に筋肉に刺激をあたえられるように意識していきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-16

    水素イオン濃度指数

    マッサージにはいろいろな効果があります。その中でも、今回は『筋疲労回復の効果』についてです。…
  2. 2017-1-7

    筋肉による能動的システムにアプローチする

    正しい動作を行うためには、体幹部の教育と機能を高めることが必要になります。この体幹部を安定さ…
  3. 2015-11-21

    サラブレッドからみる栄養とトレーニング

    1998年、セイウンスカイという競走馬が4歳馬(現3歳)の頂点を決めるレースであるG1レースの皐月賞…
  4. 2015-1-24

    高齢者の運動効果

    歳をとってからでも筋肉トレーニングをしたら効果は出るのでしょうか??高齢者でもしっかりと筋ト…
  5. 2015-11-25

    ラベンダーによるアロマテラピーについて

    アロマテラピーは芳香療法とも呼ばれ、1920年代にフランスの調香師ガットフォッセが作ったとされていま…
ページ上部へ戻る