トルクコントロール

トルクとは、筋肉が関節を回す力のことです。

それを最適な状態にするのが「トルクコントロール」です。

ほとんどの筋肉は、2つ以上の骨をつなぐようについています。

筋肉に力が入ると筋線維が収縮し、その力で骨が動かされます。

また、骨と骨の間には関節があるため、これが回転軸となり、ひじやひざの曲げ伸ばしができます。

これはテコの原理と同じで、トルクコントロールとは、テコの長さ(支点からの距離)とウエイトの重さを調整し、筋肉にかかる負荷を最適にすることなのです。

トレーニングを行うにあたって、回数や重さだけを気にするということが多くあります。

ダンベルサイドレイズを行うにあたって、ひじを曲げるか伸ばすかでテコの長さがかわってきます。

この距離が長いほど、ひじを伸ばした状態のほうが重く感じられるのです。

このように、ウエイトと距離を調節して、標的となる筋肉にしっかり効かせることがトルクコントロールの狙いなのです。

効率的に筋肉に刺激をあたえられるように意識していきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-21

    肺呼吸の必須条件は「水」

    肺とは、水よりも比重や粘性が小さく、扱いやすい空気を呼吸媒体として発達した呼吸器である。魚類がも…
  2. 2016-1-16

    中枢神経系と内部モデル

    これまでのさまざまな神経活動の研究から、中枢神経系にはさまざまな感覚受容器配列と対応する内的表現、す…
  3. 2016-12-17

    連続的持久力と間欠的持久力の乳酸代謝の違い

    長距離走のような一定の強度で長時間運動を継続するものを連続的持久運動といい、サッカーのようなダッシュ…
  4. 2015-4-6

    ウィルチェアラグビー

    皆さん、ウィルチェアラグビーはご存知ですか?https://www.youtube.com/…
  5. 2015-9-9

    フィードフォワード制御とは

    運動制御系(中枢神経系)は、制御対象(効果器)に運動指令を送り、身体運動によって環境に働きかけていま…
ページ上部へ戻る