ヘビーネガティブ法と伸張性トレーニング

ヘビーネガティブとは、超最大負荷の伸張性の筋活動を用いたトレーニング法です。

短縮性活動の1RMを上回る重量で伸張性筋活動を行います。

この方法では通常、挙上者が伸張性活動を行った後、短縮性筋活動によってウェイトを挙上する際に補助者が必要となります。

挙上者はトレーニング強度に応じて複数回行います。

筋は、短縮性活動中には完全に疲労しきっていないため、ヘビーネガティブの利用はより大きな運動単位の疲労をもたらし、したがってさらに筋肥大に大きな刺激を提供する可能性があります。

ヘビーネガティブについて研究したものの多くは伸張性トレーニングが短縮性や等尺性のトレーニングに比べ、より強く除脂肪体重の増大をもたらすことを示しています。

伸張性活動は他の種類の筋活動に比べ、タンパク質合成速度が速く、筋肥大の最大化に貢献します。

また、伸張性トレーニングは、速筋線維の優先的な動員を誘発することが示されており、場合によってはそれまで活動していなかった運動単位の動員をもたらす可能性もあります。

高閾値運動単位の動員増加は、遅筋線維の活性化の抑制と同時に起こるため、運動単位あたりのストレスはより大きくなります。

最終結果として、タイプII線維の機械的張力が増大しますが、タイプII線維は、その無酸素性の遺伝子表現型により潜在的に筋の成長の可能性が最も大きいと言われています。

さらに、伸張性トレーニングは、代謝ストレスの増加ととも関連していると言われています。

伸張性トレーニングの後には、乳酸の蓄積増加とそれに伴う同化ホルモン濃度の急上昇がみられ、特に高強度の伸張性活動では最大の増加がみられました。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-23

    血糖値の恒常性

    グルコースは、摂食、消化された炭水化物が肝臓でグリコーゲンとして貯蔵され、グリコーゲンから変換されて…
  2. 2017-3-20

    女性の骨と運動

    女性ホルモンの代表であるエストロゲンは、骨代謝に関わるとされており、骨芽細胞の働きを促進して、破骨細…
  3. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…
  4. 2017-2-26

    テクニックを覚えるのに最適な期間

    さまざまなスポーツのテクニックを習得していくとき、脳の中にさまざまな神経回路がつくられていきます。…
  5. 2015-9-1

    コンパートメント症候群の急性症状と慢性症状

    コンパートメント症候群は、コンパートメント内の圧力が局所の動脈圧を超えた状態で発生し、筋および神経の…
ページ上部へ戻る