ヘビーネガティブ法と伸張性トレーニング

ヘビーネガティブとは、超最大負荷の伸張性の筋活動を用いたトレーニング法です。

短縮性活動の1RMを上回る重量で伸張性筋活動を行います。

この方法では通常、挙上者が伸張性活動を行った後、短縮性筋活動によってウェイトを挙上する際に補助者が必要となります。

挙上者はトレーニング強度に応じて複数回行います。

筋は、短縮性活動中には完全に疲労しきっていないため、ヘビーネガティブの利用はより大きな運動単位の疲労をもたらし、したがってさらに筋肥大に大きな刺激を提供する可能性があります。

ヘビーネガティブについて研究したものの多くは伸張性トレーニングが短縮性や等尺性のトレーニングに比べ、より強く除脂肪体重の増大をもたらすことを示しています。

伸張性活動は他の種類の筋活動に比べ、タンパク質合成速度が速く、筋肥大の最大化に貢献します。

また、伸張性トレーニングは、速筋線維の優先的な動員を誘発することが示されており、場合によってはそれまで活動していなかった運動単位の動員をもたらす可能性もあります。

高閾値運動単位の動員増加は、遅筋線維の活性化の抑制と同時に起こるため、運動単位あたりのストレスはより大きくなります。

最終結果として、タイプII線維の機械的張力が増大しますが、タイプII線維は、その無酸素性の遺伝子表現型により潜在的に筋の成長の可能性が最も大きいと言われています。

さらに、伸張性トレーニングは、代謝ストレスの増加ととも関連していると言われています。

伸張性トレーニングの後には、乳酸の蓄積増加とそれに伴う同化ホルモン濃度の急上昇がみられ、特に高強度の伸張性活動では最大の増加がみられました。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-2-1

    足関節外側靭帯損傷

    足関節外側靭帯損傷は、スポーツ活動やトレーニング中の発生頻度が最も高いスポーツ傷害で、すべてのスポー…
  2. 2014-11-22

    グリコーゲンローディング

    日常生活におけるあらゆる運動・スポーツはエネルギー源物質であるアデノシン三リン酸(ATP )の高エネ…
  3. 2015-8-15

    リンパの産生と輸送

    組織間隙とは各組織において細胞と細胞の間の部分である。この部位は,膠原線維や弾性線維といった線維…
  4. 2015-9-3

    投球動作における肘のバイオメカニクス

    投球動作における肘のバイオメカニクスは6段階に分けられます。ワインドアップ期、ストライド期、コッ…
  5. 2014-12-9

    スポーツ医学の起源を知る。

    どの分野でも常に新しい発見があるように、スポーツの世界でも、理論や科学、医学とさまざまな分野で進化を…
ページ上部へ戻る