代謝環境を利用して脳を刺激する

筋肉を動かし力を出すためには、ATPという物質のエネルギーが必要です。

これは、あらかじめ大量に蓄えておくことができないものなので、動かすたびにつくり続けなければなりません。

速筋線維をメインに使う筋トレでは、とくに短時間で大量のATPが必要となります。

ATPは体の中のさまざまな部位や場面で使われるため、生成過程がそれぞれ異なります。

筋肉トレーニングと密接な関係にあるのが「解糖系」とよばれる生成システムです。

この生成システムは酸素がほとんどない環境で糖を分解してATPをつくり、副産物として乳酸などがつくられます。


代謝環境が筋肉の成長を促す


乳酸などが蓄積し、その情報が脳に伝わると、筋肉の成長をうながすホルモンを分泌せよという指令がでます。

乳酸がたくさん出るような運動をすれば、筋肉を肥大させるようなホルモンの分泌が多くなるのです。

乳酸は疲労物質と思われがちですが、疲労物質ではなく筋肥大をうながしてくれる引き金となるものなのです。

筋肉トレーニングで筋肥大をさせたいのであれば、解糖系で速筋線維を多くつかう高負荷のトレーニングを行い乳酸などの代謝産物を多く生成することが大切なのです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-30

    内側側副靭帯損傷について

    先日のプロ野球の試合でソフトバンクの斐嗣捕手がホームベースへスライディングの際に膝を痛めてしまいニュ…
  2. 2015-4-15

    間脳の解剖 前編

    間脳は大脳半球と中脳との間にある脳部です。背面は大脳半球に覆われているので、外からは見えませ…
  3. 2015-9-11

    顎関節ストレスと姿勢

    筋解剖学に基づくと、頭部の位置が下顎の安静位置に影響を及ぼすと考えることは容易なものです。た…
  4. 2015-1-12

    Soft tissue mobilization(軟部組織モビライゼーション)

    人間のカラダには、骨や筋肉や内臓があり、それを皮膚が包んでいる。しかしながら、皮膚だけでは構造上…
  5. 2016-4-10

    運動学習とフィッツの三相説

    人間発達は遺伝と環境、あるいは成熟と学習の相互作用という視点から理解されてきています。中枢神…
ページ上部へ戻る