代謝環境を利用して脳を刺激する

筋肉を動かし力を出すためには、ATPという物質のエネルギーが必要です。

これは、あらかじめ大量に蓄えておくことができないものなので、動かすたびにつくり続けなければなりません。

速筋線維をメインに使う筋トレでは、とくに短時間で大量のATPが必要となります。

ATPは体の中のさまざまな部位や場面で使われるため、生成過程がそれぞれ異なります。

筋肉トレーニングと密接な関係にあるのが「解糖系」とよばれる生成システムです。

この生成システムは酸素がほとんどない環境で糖を分解してATPをつくり、副産物として乳酸などがつくられます。


代謝環境が筋肉の成長を促す


乳酸などが蓄積し、その情報が脳に伝わると、筋肉の成長をうながすホルモンを分泌せよという指令がでます。

乳酸がたくさん出るような運動をすれば、筋肉を肥大させるようなホルモンの分泌が多くなるのです。

乳酸は疲労物質と思われがちですが、疲労物質ではなく筋肥大をうながしてくれる引き金となるものなのです。

筋肉トレーニングで筋肥大をさせたいのであれば、解糖系で速筋線維を多くつかう高負荷のトレーニングを行い乳酸などの代謝産物を多く生成することが大切なのです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-4-3

    プロテイン効果のあるトレーニング後と睡眠中

    プロテインは、日常の食事では摂りづらいタンパク質の補給に加え、摂るタイミングで威力を発揮してくれるあ…
  2. 2015-8-24

    記憶とシナプス可塑性

    ヒトの脳のニューロンは1000億以上あるとされています。そのそれぞれが数千から数万のシナプス…
  3. 2015-1-19

    当たり前ですが運動効果を得るには運動をしなければなりません。

    運動をするのは楽しいことですが、同時にきつさ、つらさというのも味わうことになります。もち…
  4. 2015-4-30

    呼吸時における肋骨の動き

    肋骨は12対の弓形を呈する平たい骨で構成され、後方は胸椎につながり、前方は浮遊肋を除き、胸骨に直接又…
  5. 2015-5-29

    インスリン分泌促進因子インクレチンと肥満の関係

    インクレチンとは消化管ホルモンであるGIPとGLP-1の総称です。これらは食事摂取に伴い効率…
ページ上部へ戻る